「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2017年8月20日】
 日曜のあれこれを済ませたのち、二時の壁も途中で引き返すことができ、午後から外出。「東大阪市民美術センター」での「音楽再生の楽しみ〜はじまりは蓄音機」展に。最寄駅は近鉄「東花園」駅。ふだん縁がない路線、場所なのだけど、「東大阪市民美術センター」は花園ラグビー場の手前にあるのでした。駅からして既にラグビー推し全開でした。

 「音楽再生の楽しみ」は、大阪芸術大学博物館オーディオ資料室のコレクションから蓄音機の変遷を展示するもので、ひたすら漆黒の機械が並んでいるのだけど、機械設計上の詳細な違いはわからねど、時代が進むにつれて、試行錯誤があり、楽しむための工夫があり、ライバルメーカーとの技術競争があり、時代の波がありということがよくわかる展示になっていた。ラッパを特注したり、調度品(照明やワゴンなど)と合体させたり。円筒式のジュークボックスなんてのもあった。日本独自の帯レコードにはびっくりした。別々にだけど、プレーヤーも帯(Beltと書かれていた)も展示されていた。
 ラジオが出てきたとき、レコード業界には脅威だったが、やがてラジオでかかったものが売れるようになる。ラジオを組み込んだ蓄音機も出てくる。増幅を、ラッパとスピーカーで切り替えられるモデルがあった。当時の電気増幅のクオリティにもよるのだろうけど、「やっぱりラッパじゃないとね」という感想があったのかもしれない。ラッパと書いているけれど、これも途中からキャビネットに「内蔵」されるようになっている。昔のステレオ装置のデザインはその名残りという面もありそう。と推測ばかりだけど、いろいろ想像させる展示でした。レコード盤の紹介は少しだけ。レコードの制作から鑑賞までをまとめた短編映画が上映されていた。各場面について解説したリーフレットが配布されていた。映像はYoutubeでも見ることができる("Command Performance" 1942 RCA)。

 せっかくなので、瓢箪山まで歩いてみた。前にいちど行ってみようとして、時間がかかるので穏便に帰れそうになく諦めた「バー・ハウス」の場所を「いつか」のために確かめておくのもよいかと。「バー・ハウス」は大きな車道に面しているので、場所はわかりやすい。「東花園」からだとわたしの足で20分。「瓢箪山駅」からもそこそこある。しかし、なんやかんやで家まで二時間弱はかかるかなぁ、やはり。交通機関が直でつながっていないので、大阪市内を経由せざるを得なくて。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2017年8月13日〜2017年8月19日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2017 Kijima is responsible for this page, "mononophone".