「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2019年11月17日】
 喉のもやもやと時折の咳が続いているので、仕事帰りに、というか、一旦帰宅して、通院カードとおくすり手帳を手に近所の病院へ。ただの風邪、と診断される。抗生物質と合成咳止めシロップと葛根湯を処方されたが、血圧が安定していることで、高血圧の薬も二か月分出された。

 木曜日、帰宅すると、郵便受けに封筒が二つ。通販で頼んでいたもの。ひとつは、日本国内の配給盤を発注かけたものの入荷しませんでしたと先日キャンセルされてしまったロス・ブリンコスの3枚目のアルバム "CONTRABANDO" のCD。2013年にEl/Cherry Redから発売されたものだけど、それ以前にスペインで発売されたCDを元にした編集になっていて、アルバム12曲に、同時期のシングル6枚のAB面、アルバム収録曲 "Nadie Te Quiere Ya" のシングルB面 "You Know"、それと初期の録音なのだが、イタリアでのみ発売されていたらしいシングルに入っていた "Pareces Gitana" を加えた26曲入り。彼らのことを知ったのは、前述のシングル "Nadie Te Quiere Ya" の英語バージョン "Nobody Want You Now" を、オムニバスアルバム "CIRCUS DAYS" で聞いたのが最初。イギリス発売なのだから、英語バージョンを入れてくれてもよかったと思いますが、断片的な情報しかないので、まとまった形で聞けるのはありがたし。

 もうひとつは、植村和紀(うえむら かずのり)『洋楽日本盤のレコード・デザイン シングルと帯にみる日本独自の世界』(グラフィック社、2015年2月)。主にシングル盤と帯ということになるけれど、日本発売にあたって施されたデザインを集めた本です。面白いのはわかっていても、必要という訳でもなかったので、「古本で安く見かけたら本」になっていた。それをそんなに安くなくてもとにかく入手することになったきっかけは、いつも探索結果ツイートを楽しませてもらっているレコードカバー撮影場所研究家のEmi Serranoさんから「このレコードの撮影場所を知りませんか」と日本で撮影されたと思われるアニマルズのカバー写真を直々に見せられたこと。心当たりはあった。のだけど、行ったことはないし、覚えもない。いろいろ周辺を検索してみたけれど、ジャストな証拠は出てこない。それで、もしかしたら、日本で作られたカバーのひとつとして、この本で取り上げられているのではないかと推測したのだ。書店で見られる状態なら立ち読みで済ませられなくもない「確認」だけど、もともと面白そうと思っていたので、買うことにした訳です。
 果たして、植村氏は、アニマルズの件の写真を掲載し、日枝神社で撮影されたものと記していた。日枝神社は、東芝音楽工業の赤坂の社屋の近くにあり、来日したミュージシャンをそこに案内し、ヒットを祈願するとともに、写真撮影をしていたとのこと。
 その日のうちに、Emiさんに報告ツイートを送る。Emiさんもベンチャーズの "IN JAPAN" で日枝神社の存在はつかんでいて、周辺の公園や皇居を探っていたらしい。皇居では撮影できないっす、と返そうと思ったけど、ややこしいので、やめといた。

 そう言えば、Emiさんは、カバー写真探索結果の他に、たまに手に入れたレコードのことを書かれているけれど、少し前に、ロス・ブリンコスの "Nadie Te Quiere Ya" のシングルをあげていた。好きな音楽も近いかもしれない。

 きのうも先週に続いて、リハビリのようなもので、京都に。京阪で丸太町駅まで来て、「(次の)出町柳駅へは次の特急が先着します」と言われると、試されているような気がして、居心地がわるい。そして、いつも誘惑に負けて、乗り換えてしまう。このところずっと自転車でまわることが多かったので、叡山電車もひさしぶり。ICカードが使えるかどうかわからなくて、とりあえず行きは切符を買ったが、使えるようになっていた。無人駅は、入り口にカードリーダーが立っている。一乗寺駅は、きょうは駅員がおられたけれど。
 「恵文社」COTTAGEでの「ぽかんのつどい」へ。真治さんの「ほかん編集室」が新しい本を出版したということで、その記念イベント。自主出版の版元もいくつか参加されるということで。「ちょうちょぼっこ」の4人も揃う(福島さんは出店、郷田さんは…手伝い、次田さんはお客さんで)というので、まぁ、そんなに話をすることもないのだけど、顔を見に、ということにしておこう。顔というか、話、かな。雑談しているのを傍らで聞いているのが楽しい。「ぽかん編集室」から出た山田稔『門司の幼少時代』と龜鳴屋からの木村一信監修・外村彰編『外地の人々 <外地>日本語文学選』を購入。福島さんとこで、コーディアルを飲む。

 帰りに、「タワーレコード」京都店に寄って、定額制配信におすすめページで、11月13日発売ということを知った石若駿さんの『SONGBOOK 4』を購入。ポイントカードを登録し直さないと、ポイントが使えない、と言われる。ひさしぶりだったもので。失効したポイントも数知れず。もう店に行っても買いたい作品を置いてないことが多くて。

 だいぶ治まったけど、喉のもやもやは続いているし、乾燥していることもあり、夜中はからからになって、やはり咳き込んでしまう。咳止めというのは、咳をしないといけない状況だという体の判断をわざと「誤らせる」ということなので、別方面(抗生物質)で対処しているとはいえ、戦略的な行為だとつくづく思う。

 きょうもリハビリ。水無瀬での「しまもと秋の古本さんぽ」に。前に所持金不足で買えなかった永井宏さんの『サンライト』と『マーキュリー・シティ』を「長谷川書店」で買う、という目的もあって。一箱古本市では、松岡正剛推しのところや、スポーツじゃないほうの運動に関する本が多いところなど、個性的な箱もちらほら。絵本を一冊買いました。知らない作家だけど、絵に惹かれるものがあったので。チャールズ・キーピング "THROUH THE WINDOW"。1970年刊。ひとりの少年が部屋の窓から外を見ている。いつも見かけるひとたちにもさまざまなことが起こる。窓からそれを眺めていた少年に何故という言葉が浮かんでくる。「拾得」近くにできたと聞いてからまだ行っていない「開風社 待賢ブックセンター」の出店から。

 帰宅してから、年に一度の、ふだん使っていない部屋の天井に貼り付けてある個人番号通知書おろし。会社に提出する書類だからしかたがないけど、ほんとにこのときにしか使わない。知られないようにすることのほうが大変。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2019年11月10日〜2019年11月16日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2019 Kijima is responsible for this page, "mononophone".