「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2020年1月26日】
 フランク・ザッパ"THE HOT RATS SESSIONS" 6枚組は、セッション集のようだったので、何度も聞くことがなさそうだからと気乗りしないでいたのだけど、定額制配信で聞けるものだから、つい、試聴だと言い聞かせて聞いてみたら…1枚目1曲目の "Piano Music (Section 1)" に驚いた。"The Little House I Used To Live In" のイントロのピアノやん。ライヴ録音だとばかりと思ってた、騙された…って、今頃ですが、内側に載せられた写真と終わってからの拍手に演奏場面を思い浮かべて聞いていたので、わかってはいても。続けて、2曲目 "Piano Music (Section 3)" は、おおっ、"Peaces En Regalia" となるメロディが聞けたと思いきや、これは… "Aybe Sea"。たぶん、音の一部は、そのまま使ってる。うわー、これ、もっとかなあかんやつちゃうんと、目の前が真っ暗に。"HOT RATS" だけだとまぁええかだけど、"BURNT WEENY SANDWICH" 関係ということになると、話が変わる、から。1枚目はその後は "Peaches En Regalia" のリハーサルが延々続く。途中で止められて、やり直したり、ちょっと変えたり(かけっぱなしにして寝たら、ろくに弾けないで演奏を中断させてバンマスに怒られる夢を見てしまった)。最後に収められている "Arabesque" は、"WEASELS RIPPED MY FLESH" の中でも特に好きな "Toads Of The Short Forest" だ。"WEASELS RIPPED MY FLESH" 関係でもあるのか。最後の "Dame Margret's Son To Be A Bride" は、"Piano Music (Section 3)" からの発展のようなかんじだけど、"STUDIO TAN" の""Lemme Take You To The Beach" のメロディが含まれている。このへん、どことなく、トッド・ラングレンを思わせることが気になっている。

 2枚目は "It Must Be A Camel"、"Little Umbrellas" の原曲 "Natasha"、"Willie The Pimp" のリハーサルを収録。"It Must Be A Camel" のドラムとか、"Willie The Pimp" のギターの試行錯誤がおもしろいというか、胃が痛くなるというか。"Bognor Regis" は、"The Little House I Used To Live In" を思わせるヴァイオリンをフィーチャーしたややブルージーなジャム曲。特に際立ったメロディがあるわけではないけれど、どこかで使われているのかもしれない。

 3枚目はジャジーなしっとりゆったりした曲 "Transition" が中心。これは…"CHUNGA'S REVENGE" の "Twenty Small Cigars" に化けたのかな。"Directly From My Heart To You" は "WEASELS RIPPED MY FLESH" の全長、かどうかはわからないけど、ロングバージョン。ほいでもって、最後に入っている "Another Waltz" は、"The Little House I Used To Live In" やんか。なんてこったい。途中の "Lil’ Clanton Shuffle" は軽めのセッション曲。

 4枚目は前述の"Dame Margret's Son To Be A Bride" 再挑戦(テンポが速くなっている。ドラムとベースのみの)ののち、"Son Of Mr. Green Genes" と "Big Legs" と題された "The Gumbo Variations" リハーサルを収録。リハーサルといっても、ジャム曲なので、そのまま使われているところもありそう。その後、"It Must Be A Camel"、"Arabesque"(Toads Of The Short Forest)、"Transition"(Twenty Small Cigars)、"Piano Music (Section 3)"(Peaches En Regalia + Aybe Sea)の付加録音が収められている。

 5枚目は "HOT RATS" の1987年ミックス…うちにもあるRykodisc版がそのまま入っている。残りは、"Peaches En Regalia" と "Little Umbrellas" のシングルバージョンとかラジオ広告とか資料集の趣き。最後の6枚目も、没ミックスとか、部分抜粋といった参考編。"Little Umbrellas" の初期バージョンにびっくり。

 …と聞きながらさらっとメモをとっていたのは、曲単位で買えるのなら、抜粋盤が作れないか、と。途中まででやり直しさせられてるリハーサルテイクが悩ましい。ええとこどりして、完走するバージョンを作ってくれたらいいのに。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2019年1月19日〜2019年1月25日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2020 Kijima is responsible for this page, "mononophone".