「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2020年10月25日】
 昨日は、矢野一希さん(guitar, vocal)、梅田麻美子さん(flute, vocal)、渡瀬千尋さん(drums, percussion, vocal)のトリオ、painfulの自主企画「painfulと行く秋の遠足 摂津峡編」に。高槻市の山というか、山の入り口にある摂津峡公園桜広場脇にあるレストラン「キッチンスヌーグ」でのライヴ。春頃に、三人が摂津峡に行っている写真がツイートされたのだけど、ドラムセットが置いてある写真が混じっていて、おやっ、スタジオ?と思ったのだ。摂津峡は子供の頃、遠足で行ったり、キャンプしたりしたところなので、馴染みがあるし、そこに行くということ、そこで好きな音楽が聞けるということにわくわくした。

 ちょっと早くに到着してしまった。桜広場(むかしは桜公園と言っていたような気がするけど、当時から勘違いしていた可能性はある)では、親子連れがたくさん。向かう途中、摂津峡の看板を過ぎると、急に空気がひんやりして、おおっと思ったが、着くと汗だくだったので、気をつけながら、クールダウンして、本を読んでいた。
 17時30分、開演。第一部は、レストラン内を広々と使って、バンドセット。時に熱くなるギターポップです。すごく転がるかんじがする瞬間があるのがスリリング。第二部は、外で、アコースティックセット。穏やかなアンサンブルと、麗しいコーラスが聞けた。バンドセットとの対比もよいかんじでした。気温は低くなっていたけど、風があまりなかったので凍みるというかんじではなかったし、外だから、気にせず、立って、からだを揺らして過ごした。意気に感じた一夜でした。夜、野外で演奏を聞く、という夏にやり残したことをやらせてもらったような気もする。

 帰り、平地に降りていったら、空気がぬるくなったかんじがして、ようやく、山の空気の冷たさを実感したのでした。

 きょうは、おとなしく。昼、母とよく行っていた店が、入っている建屋の都合で、10月末にとりあえず閉店となるということで、出かけた。近くへの移転を目指しているということだけど、母が馴染んでいる店なので、移転がかなってほしいと願っています。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2020年10月18日〜2020年10月24日)***

【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2020 Kijima is responsible for this page, "mononophone".