「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2018年2月16日】
 木曜日の帰り、「レコードコレクターズ」誌を買いに、ひさしぶりに乗換駅近くの書店に寄った。音楽雑誌のコーナーは、棚に密着している大きな柱の陰にあり、柱に沿って立ち読みしているひとでも居ればまったく手出しができないのだが、幸い、その場所には誰も居なかった。それでも、棚にないので、あれっまだか、と思ったら、いつもとちがって(柱の陰だが)平積みになっていて戸惑った。

 もう一冊気になっている雑誌があったので、ありそうなコーナーを見ると、文芸誌「MONKEY」誌の表紙に「特集 絵が大事」とあったので手にとったら、ウィリアム・ブレイクの "SONGS OF INNOCENCE AND OF EXPERIENCE" が掲載されているではないか。「うた 無垢と経験の」と題され、主宰の柴田元幸さんによる訳で。ブレイクの絵と原詩と訳文が大きめに配されていて、見たかんじで抄訳ではなさそう。54ページ+解説。アレン・ギンズバーグの録音が聞けるようになったことで、読みながら聞こうと思ったら部屋内行方不明だったものが。これは運命(インタントカーマ)だと、タイミングに降参して、買った。
 もちろん、それだけではなく、古田日出男氏による「グスコーブドリの伝記」リミックスや柴田氏によるカズオ・イシグロについての講演など読みどころが多そうだったので。

 「レコードコレクターズ」誌は、先にツイートで遊んでしまったPANTA & HAL『マラッカ』が本当にピックアップされてやしないかドキドキしながらシティ・ポップの名作百選を追うことになってしまった。出てこなかったけど。いや、出てきてもいいのだけど、「言うところの」シティ・ポップの文脈とは異なるし、同様に聞くには「歌」としては難しいだろうと思って。異なる切り口はかまわない。でも、作品に接すれば、作品の文脈に触れざるを得ないし、そのとき、作品の文脈を無視したり、軽視したり、それを見る目を曇らせるようなことは避けてほしいと思う。1973-1979年という区切りから、またしても音楽に親しみ始めた小学生高学年から中高生時代と重なるので、その感覚を抜きには読めなかったのだけど、とりあげられている作品は、あたりまえのことだけど、当時は「シティポップ」としては扱われていなかったものも含んでいて、要するに、ほとんどの作品や名前やジャケは当時、好むと好まざるとにかかわらず、傍らに流れていたものばかりなのだった。当時の文脈を切り離して「評価」するようなものではなくて、当時の文脈の中から今に至る要素を見直すようなかんじなので、よかった。当時聞いていたのは矢野顕子さんとか尾崎亜美さんとか。ポップなニューミュージックや歌謡曲としても聞かれていたひとたちは、視野見していた。惣領智子さんがとりあげられていて、おおっと。気にはなっていたけど、わたしには物足りなかったり、ぐっとくるものに出会えず、そのままになったひとだから。フュージョン寄りのひとたちは敵視…してたかな。敵視というたらなんやけど、上級生が、下級生との差別化を図るためのアイテムと化していて、それは行動様式や生活ともパラレルだったので、無縁だったということもあるし、なんやねんなと思っていたのだった。そう言えば、山下達郎「Bomber」が大阪のディスコで当たったという話は出てくるけど、その流れでか、族のひとやサーファーの文脈には触れられてない、ような。そう言えば、矢沢永吉は何処に。

 きょうの帰りは、自宅最寄駅前のコンビニで、通販到着物受け取り。沢井一恵さんの『目と目』。1987年作品だけど、当時は見かけることがなかった。聞きたいなと思っていたものの、きっかけがなくて検索もしていなかったのだけど、何故だか、動画投稿サイトのおすすめにその中の1曲があがっていて、聞いてみたらやっぱり良くて、それで検索。2010年に復刻盤が出ていたとは知らなかった。財団法人日本伝統文化振興財団というところからで、名称にたじろいでしまったけれど。筝奏者、沢井一恵さんのアルバムだけど、高橋鮎生さんとの共作と言っていい作品で、太田裕美さん、ピーター・ハミル、サラ・ジェーン・モリスがヴォーカルで参加している他、ガイ・エヴァンズ、ジェイムズ・ワレンらが参加している。ロビン・ウィリアムスンの委嘱曲もあり。録音はプロデューサー、エンジニアのデイヴィッド・ロード氏のクレセントスタジオで。ブックレットに掲載された写真を見ると、太田裕美さんもクレセントスタジオに行ってるんやね。

 通販と言えば。火曜日に、ザ・クリーナーズ・フロム・ヴィーナス選集第3集 "LIVING WITH VICTORIA GREY/NUMBER THIRTEEN/MY BACK WAGES/EXTRA WAGES" が届いた。以前、発注したものの入荷せずで手に入れられなかったものを、XTC "BLACK SEA" DX盤きっかけで再度検索して、海外サイトから取り寄せた。1986年発表のカセット "LIVING WITH VICTORIA GREY" に、アンディ・パートリッジ作 "Pearl" が収録されている。"NUMBER THIRTEEN" は1990年発表のやはりカセット。"MY BACK WAGES" は、2000年にCDで発売されたもので、1991年から1992年にかけて録音された未発表曲を集めたもの。で、"EXTRA WAGES" は、その続編となるレアトラック集で、この選集のために編集されたもののようです。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2018年2月4日〜2018年2月10日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2018 Kijima is responsible for this page, "mononophone".