「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2020年11月22日】
 母のお気に入りの食堂が閉店してしまったため、行ける範囲で新しい店を探しているのだけど、近所によさそうな店が見つからない。きょうは、少し離れているけれど、弟の車で何度も行っているファミリーレストランに行ってみることにした。場所は知ってると言うし、行きかたも聞いて間違いないと思ったので、いつものように母が先行して出て、遅れて出るようにしたのだけど、着いたものの姿が見えない。いままでだと別ルートで追いかけたりすることもあったけど、今回はこうした形で行くのは初めてなので、後を追うようにしたのだけど、もちろん追い抜いてもいない。携帯電話にかけようと、取り出したら、メールが入っていた。目印となる小学校と中学校の位置関係を勘違いして、道に迷ったらしい。電話でいま居る場所を聞いて、迎えに。ふうむ。勘違いしただけやろと、落ち込まないように、励ましたつもりだけど、どうだろうか。ファミリーレストランは繁盛していた。地域振興券の残りを使い切ってしまおうと、いつもより少しだけ張り込んだ。ええっと、一人300円増くらいかな、いつもより。

 ウイルス感染が拡大している。大阪は、一日の感染者数(と発表されている人数)が全国で最も多くなってしまった。真摯に受け止められるひとたちなら、しのごの言うつもりはないのだけど。国の「GO TO」政策との因果関係が取り沙汰されて、また「論戦」になっているけれど、相変わらず、結論ありきで、そうした事態を利用して「相手を叩く」道具になっていることに、うんざりさせられる。結論ありきなので、実態のとらえかたが奇妙なものになるのだ。「マスク、手洗い、距離とれお前」の感染防止策を、感染拡大防止策として行政が指示することのおかしさを指摘すると、たちまち、その感染防止策の何がおかしいと息巻くひとたちがいる。感染防止策としてはおかしくないが、感染拡大防止策として声高に言うことは恥ずかしい、と言っても聞く耳を持たないだろう。わかってる/わかってないの話ではなくて、聞く気があるかどうかの話。
 それぞれの事情(小さな子供がいる、老齢の親がいる、ひとと接する仕事をしている等)による「意識」に頼っていては漏れがある、のであれば、それ以外の方法を考えないと、と思う。事情があるのだろうけど、その事情を隠したまま、そうした方向が出てこないことに絶望的な気分になっている。この件については、特に、行政の範囲と個人の範囲をごっちゃにする傾向が強い。当初からそのあたりは変わっていない。検査の話も、検査を進めないことに、行政として感染経路を分析、検討する気があるのか疑問が感じられるということなのに、個人が安心したいという話にされてしまっている。そうした「できあいの理解」に飛びつくひとには、話のしようがない。

 というような話よりも、ほんと、レコードについての他愛ない話だけしていたいんやけどね。アンソニー・ムーア "OUT" 発売中止には、1976年のヴァージン・レコード方針転換があったと、東瀬戸さんの解説にあった。"OUT" の元の品番の前後が、レゲエであることからも、そのことを察することができる。アンダーグラウンドなバンドの作品を発表することで、若者の支持を得たヴァージンレコードではあったけれど、一般的な人気には程遠かった。昔読んだリチャード・ブランソンの伝記で、方針転換から契約解除の噂を耳にしたデイヴィッド・ベッドフォードが、会社には芸術作品への貢献への感謝と嘆願を、マイク・オールドフィールドには、会社やブランソンへの不満をぶちまけた手紙を書いたところ、間違って、逆に送ってしまったという笑うに笑えないエピソードが紹介されていた。しかし…そのベッドフォードも1977年にアルバムを出しているし、デイヴィッド・アレンが抗議の落書きを行ったあとも、元ゴングのひとたちは出し続けている。何故、"OUT" が発売中止になったのか、東瀬戸さんの解説からは、アンソニーさんも納得していないことがうかがえる。ひとまず、アンソニーさんの意向でなかったことには安堵している。

 他に、この時期に発売中止になったものはあるのだろうか、と呟いたところ、東瀬戸さんから、トム・ニューマンの "Live At The Argonaut" (V2042) がそうだと返事をもらいました。ああ、そうや、やはりVoiceprintから発掘盤が出たのを買ったのだけど、そのときに初めて、発売中止になった作品ということを知ったのでした。あと、ボクサー "Bloodletting" (V2073) は、発売されたことはされたけど、1979年になってかららしい。このあたりになると、日本発売がなくて知らなかっただけと思っていた(デビューアルバムは強烈なカバーデザインとともに、広告が出ていたことを覚えている)。謎なのが、そのひとつ前のV2072で、キャプテン・ビーフハートの「幻だったアルバム」"Bat Chain Puller" という説もあれば、"The Orchestral Hergest Ridge" だったという説もある。でも、これらはいずれも、当人の問題で、ヴァージンレコードの方針転換とは関係なさそうである。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2020年11月15日〜2020年11月21日)***

【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2020 Kijima is responsible for this page, "mononophone".