「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2020年9月20日】
 書き忘れていたけど、先週の「雲州堂」では、緊急事態宣言解除後、初の「雲州堂で食事」でした。その前の倉地さんのときは、食事する気満々で、「食べてくるわ」と伝えて出てきたのに、人数制限のため、机が無く、食事ができなかったのでした。

 今週は、軽く気が重い一週間だった。軽く重いとはこれ如何に。やってくれ、請求してくれていいから、と言われて始めた担当業務について、正当性みたいなもん(なんであいつが、なんで別枠で費用が)が問われ始めていて、そのために経緯を説明しなくてはならなくて。それも発注側と受注側(自分の会社)の両方から。上に、当時のことを知ってるひとはもういない。つまらないことはやらせたいけどギャラは抑えたい、経費は抑えたいが仕事は欲しい、という思惑の間で、やってることの正当性を示せ、と言われても。経緯をたどっていると、しんどかったことをいろいろ思い出すはめになってしまった。

 月曜日は家の用事で早くに帰宅したものの、用事を終えると、ぐったりしてしまって、いつの間にか眠ってしまい、起きたら、0時を回っていた、というパターン。モバイルルーターの充電だけはしておかなくては、とのそのそと二階に。でも、メールやツイートをチェックする余裕なく。火曜日、急に発生した予定外の仕事のために、一か月半ぶりに残業。水曜日、木曜日も、根詰めてやるはめに。いや、そういう、予定外の仕事が発生しやすかったから、専任でやってくれという話で別枠になっていたのだが。金曜日に、査問、のような面談。ぼんやりとあてにされて、ぼんやりと仕事しても、ぼんやりと請求できたいままでがラッキーだった、ということで、さて。

 NRT(ひょっとして、成田佳洋さんのレーベルだからNaRiTaなのか)のセールで申し込んだCD2作品が届いた。アンドレ・メマーリ、ベルナルド・マラニャオゥン (Bernardo Maranhao)、アレシャンドリ・アンドレス "RA" とルイス・コール "ALBUM 2"。ルイス・コールはラジオで聞いて気になったのに、店頭で見かけることがなくて、そのままになっていた。通販に対するブレーキが効き過ぎているもので。アンドレ・メマーリ、ベルナルド・マラニャオゥン、アレシャンドリ・アンドレスのトリオによるアルバムはジャケの蛙のイラストに引いてしまっていたのだけど、よい機会だと思い。

 この土曜日も、「出かけてくるわ」「どこに。また南森町」「うん、まぁ」という会話。買おうと思っている雑誌が、通勤途中の書店でことごとく見つけられなかったため、梅田に寄っていくことにした。電車の中で、市川森一『黄色い涙』を。岸部シローさん追悼で。確実にあるだろうと、茶屋町の丸善ジュンクに行ったのだけど、レジ待ちの行列がすごいことになっていた。あるにはあったが、上の階も覗こうという気力を失ってしまった。「東京人」No.430(特集=まちの記憶を旅する 東京暗渠散歩/豊島区立トキワ荘マンガミュージアムへ行こう)と「ユリイカ」10月臨時増刊号「総特集 別役実の世界 1937-2020」を購入。
 南森町へ向かう途中の「ディスクユニオン」で、思いがけず、グリーン・ガートサイド "Tangled Man" b/w "Wishing Well" を見つけて、購入。アナログ盤こそ、通販でなく、店で買って、抱えて持って帰りたいのだけど、気付いた頃には売り切れてるということが多くて、チェックして争奪戦に参加する気力も失ってしまっていたので、よかった、となりました。

 「音凪」に。西脇一弘イラスト展のクロージングイベントとして、pocopen with 西脇一弘、ゲスト bikkeさん、のライヴ。西脇さんの新しい大きな絵は、色が付いて、硬質な色っぽさがありました。イラストは、木片などの物質の質感があるものがやはり、いままでにないかんじでした。その他、sakanaのライヴのためのチラシの原画や「New Yorker」のような雑誌のコラムに添えられていそうな小粋なイラストがたくさん展示されていました。
 bikkeさんは、西脇さんに相談して手に入れたという新しいギターとエフェクターで弾き語り。マスクはしたまま。JBの「雪の日」で、じわんとくる。ラブジョイで演奏されながら録音されることがなかった「太郎冠者のヤー」も歌ってくれました。いまは、近藤さん、かわいさんとのトリオで活動しているとのことで、その編成での最近の曲もいくつか。
 pocopenさんは、sings sakana with 西脇一弘の趣きでした。最初に思わず、「sakanaです」と言って、すぐに訂正されたり。sakanaの曲なのだけど、やはり、これまで聞いていたのとは異なるかんじになっている。聞くことができるものからは、その都度、イチから組み立て直して、そのときのベストを作り出そうとしているように思える。それがとても大変なことだから、そうせざるを得ない名前をおろしたのではないか、という風に受け取っている。西脇さんも、準備した曲以外はできないということだった。それにしても、歌そのものは、歌い継いでほしいと思うのだけど、こればかりは。アンコールで、ラブジョイの「ゼロ」。pocopenさんは準備不足だったことをしきりに口にされていた。ボサノヴァ/MPBを思わせる、気持ちの流れを少し変えたよいバージョンでした。思えば、「ゼロ」を歌われないまま終わりそうだったpocopenさんのライヴで、焦ってしまって、リクエストしたのは一年前でした。とても前の話のように思える。

 きょうは、雨が降らなさそうだったので、昼から思い立って、みんなもう山とは呼ばない、かもしれないけれど、山のほうの公園に。運動不足解消をかねて。なんとか行けるか。そこで、来月、聞きたいバンドのライヴがある、ということで。ちびっこを連れた家族たくさん。長い滑り台のちびっこたちそれぞれの楽しみかたが見られて、楽しかった。公園脇の何故かマリリン・モンローのピンナップが貼ってある老夫婦がやっていると思しき売店で、ペットボトルの緑茶を買ったら、かっちかちに凍らせてあった。部活を思い出す。なかなか飲めなくて、みちみち、ちびちびと降りた。

 帰宅して、ダウンロード購入をふたつ。「Minna Kikeru」で、かきつばた『スミヨシ』、「Bandcamp」でYuko Kono『Fragment』。かきつばたの録音はずっと待っていたもの。アナログ盤での発売が予定されているようだけど、その前に音だけ先に。アナログ盤を買うつもりだけど、自作オムニバスに入れたくなるだろうから。Yuko Konoさんは名前に心当たりがなかったのだけど、聞いてみたら、よかった、ので。Dawnあたりからリリースされていそうな翳りがありつつ、しゃんとしてるフォークロック。あとで調べたら、マイ・パル・フット・フットのひとでした。マイ・パル・フット・フットは、「ファン音楽」のかんじが強くて、いまひとつぐっとこなかったのだけど、ソロはよかった。

 夜、よしこストンペアの応接間ライヴ配信の告知が突如。見ました。新曲、演劇や個展のために作られた曲、イシダさんのソロなどにもりだくさん。ああ、でも、ライヴを見たい。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2020年9月13日〜2020年9月19日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2020 Kijima is responsible for this page, "mononophone".