「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2020年2月16日】
 水曜日、海外に住んでいるイトコから、伯母の訃報が届いた。三人居る母の姉のうち、歳の離れたいちばん上の姉。と言ってもずっと音信不通で、もう40年以上会っていなかった。芸術家肌の自由人で、母から聞かれるのはいつも、若いときの頭のよい、才能あふれる姿と後年の親族を省みない姿だった。亡くなったのは去年の秋。母がどう感じているか訊かないことにする。

 昨日は、映画『ジョジョ・ラビット』を見に、洛西口に。映画は期間、場所も問題だけど、上映時刻も問題。穏便に見に行ける範囲のところでは早かったり遅かったりで。洛西口では16時半から18時半までとちょうどよかった。途中で、金曜日の夜に思い付いたミッションをついでにできるなと思って(タイミングが合わず、昨日はできなかったけれど)。

 『ジョジョ・ラビット』は、大戦末期、ドイツでナチスに心酔する10歳の少年が主人公。イキリまくっているけれど、臆病で屈折している。でも、無邪気で暗くはない。母親は町で一目置かれている存在で、溌剌とした行動で、そんな主人公の支えになっている。やがて、ユダヤ人の少女が隠れていることを知り、交流していくとともに、戦況が悪化していき、それまでの価値観が崩れていくが、本人の屈折がそれを認めさせない。これからかなというところで幕。辛抱強い話だと思った。まるで彼の母親のように。最初に "I want to hold your hand" のドイツ語版、最後に "Heroes" のドイツ語版が流れる。そのあたりは、事前に情報を入れてなかったのがよかった。
 帰ったら、"Heroes" のドイツ語版を聞こう、と思ったのに、"SOUND+VISION" がアナログ、CDとも見当たらない。うーん。

 映画を見た帰りに、家電量販店を見かけて、そやそや年末の片付け以来プリンター/スキャナーとのデータ受け渡し用のSDカードを見失っていて、困っていたことを思い出した。それで、新しいのを買って、記念にあれこれスキャンしたりしていたのだけど、きょう、その "SOUND+VISION" を探していて、見失っていたSDカードを発見。新しいのを手に入れたら、見つかる、というあるある。また何か探しものが出てこないと、"SOUND+VISION" も出てこない、かも。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2019年2月9日〜2019年2月15日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2020 Kijima is responsible for this page, "mononophone".