「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2021年2月28日】
 この土日もそうだったけど、緊急事態云々に関係なく、休みの日に出ると、事を荒立てる風になってしまうので、控え気味です。土日は午前中はばたばたしているのだけど、出る気でいないと、午後からもうっかりしていると14時を過ぎてしまい、そうなると、一時間かけて出る気力が失せてしまって。目的がはっきりしているときは夜早いのはありがたいのだけど、そうでないときは、あっという間に終了、となってしまうので。
 そんな訳で、二月もぼんやりと過ごしてしまったので、あれこれ通販発注してしまった。店頭にしても、物販にしても、実物見て、ふんぎりがつくタイプなもので、通販になかなか踏み切れないでいるけれど、溜まってしまうと、それはそれで背中を押されるというか。以下、今週届いたもの。

 思い出したように、どうしてるかなと検索をかけてみるルドヴィック・トリアーレ(オリビエ・リボー)関連が二点、そのまたは生物が一点届く。関連物のひとつは、ルドヴィック・トリアーレ Ludovic Triaire 名義で参加していたバンド、レ・ルー(Les Loups)のアルバム "LES LOUPS"。1990年、BMG Ariola Franceから発売されたCDが中古で出ているのを見つけて。動画サイトにあがっている曲をいくつか聞いたかんじでは、後年のレ・オブジェ(Les Objets)と同様、モノクローム・セットのフォロワーというかんじだけど、そればかりというかんじでもなかった。ソロアルバムに近い感触の曲もある。作・編曲はグループ名義になっているけれど、ソロアルバムに、メンバーも参加しており、曲も共作しているので、ソロアルバムは、バンドの延長線上にあったのかもしれない。

 関連物のもうひとつは、オリビエ・リボー Olivier Libaux として、2曲でギターを弾いているエマニュエル・テリエー Emmanuel Tellier の "LA DISPARITION D'EVERETT RUESS"。まったく知らないひとだけど、ちょっと聞いてみたら、よいかんじだったのと、通販サイトで間違いじゃないかと思うくらい安かったので、つい、発注してしまった。"LA DISPARITION D'EVERETT RUESS" は、1934年に20歳で消息を絶ったアメリカの版画家、詩人、エヴェレット・ルースの失踪についてのドキュメンタリー映画のサントラ、ということなのだけど、映画の監督も、エマニュエル・テリエーだった。この映画は、ネットでも見られるけれど、びっくりしたのは、映画全編のDVDとサントラCDのセットだということ。それで、昔の7インチくらいの値段だった。
 エマニュエル・テリエーは、「レザンロックアップティブル Les Inrockuptibles」や「テレラマ Telerama」に執筆していた音楽ジャーナリストで、かつてチェルシーというネオアコースティックのバンドをやっていたミュージシャン、とのこと。テレラマ編集部にも居たそうだけど、セクシャルハラスメントを訴えられたことで、解雇されたという記事があったけど、詳細不明。

 エマニュエル・テリエーは、現在は、49スウィミング・プールズ 49 Swmimming Pools というバンドで活動している。エヴェレット・ルースをテーマにした作品は、49スウィミング・プールズバンドの作品が元になっている、ということで検索をかけてみたら、「タワーレコード」のサイトで、バーゲン対象になっていた。それも少し遅れて届いた。"HOW THE WILD CALLS TO ME"。"When I Go I Will Leave No Trace"、"How The Wild Calls To Me"、"The Thousand Year Long Road"、"Stella, Alone With The Sky"、"Have You Seen Our Son"、"Sundown" が両方に入っている。「ちょっと聞いてみたら、よいかんじだった」その曲 "How The Wild Calls To Me" はロックアレンジで演奏されている。

 「FOREVER RECORDS」で聞かせてもらったり、話を聞いたりして、気になっていたものが溜まってしまったので、まとめて。トレイランス tolerance の当時発表されなかった録音を二点。『Dose』と『Demos』。ワイヤーの曲名にちなんだもののように思われる former_airline の『2011 OR SO... (Selected Works 2011 - 2015)』と『NU CREATIVE DREADS (The Secret Dub Life o former_airline)』。灰野啓二さんがガムラン楽器を演奏する『ここにもこんなにブルースが宿っているとは…』。それと、平山悠著『ナース・ウィズ・ウーンド評伝 パンク育ちのシュルレアリスト・ミュージック』(DU BOOKS、2021年2月)。夕方、買い物に出たときに、郵便受けに入っていることに気付き、こっそり回収。聞いたり、読んだりするのは、明日以降に。
 
 GYAOで『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』を見る。詩集が元になっているということで、どうなんやろと公開当時、チラシが気になりながら、見送っていた。石橋静河さんのぶっきらぼうさがよかった。レコーダーのHDがいっぱいになりつつあるので、寝る前に録画してあったものを見る。単発ドラマ『浜の朝日の嘘つきどもと』の高畑充希さんも訳のわからない、ぶっきらぼうなひとの役がよかった。去年10月30日に、福島中央テレビ開局50周年記念オリジナルドラマとして放送されたものとのこと。タナダユキ監督・脚本。

 きょう、『太陽にほえろ!』再放送(サンテレビ)を見ようと、階下に降りようとしたら、揺れた。大きくはなかったけど、ゆっくりゆらゆらしたかんじだった。気象庁の発表によれば、2月28日11時20分頃発生、震央地は大阪府北部、深さ10 km、マグニチュードM3.5。
 『太陽にほえろ!』第50回「俺の故郷は東京だ!」(1973年6月29日放送)は、休日の殿下と二人でコンサートに行くために、宿直を代わりに買って出た夜勤明けのマカロニを「ロックを聞きに行くんだとさ」とみなが冷やかす場面から始まった。「ロックって?」と訊く長さんに「これですよ」とベンチャーズの振りをするゴリに、「ロックじゃないですよ。わかってないな」とマカロニが応じるところに、緊張してしまった。事件が発生して、コンサートには行けなくなるのだけど、ちらっと映ったチケットが、ダイアナ・ロス日本公演(6月29日、厚生年金会館)。放送日当日。チケットをマカロニが持っていたため、殿下も行けなくなるのだが。殺されたのが、レコードのプレス工場勤務で、聞き込み場面で、プレスの様子が映し出されていた。

 岸政彦・柴崎友香『大阪』をやっと読んだ。金曜日の夜に、ラジオを点けたら、ROVOがかかっていて、おっと思い、聞いていたら、NHK-FM「夜のプレイリスト」で、柴崎さんが担当されていた。サイトで選んだ盤を見てみたら、ベルベット・アンダーグラウンド "WHITE LIGHT / WHITE HEAT"、エレファントカシマシ『浮世の夢』、中村一義『金字塔』、ベック "ODELAY"、ROVO『Mon』となっていた。エレファントカシマシや中村一義は『大阪』に出てくるので、柴崎さんの案内で聞くと、サントラみたいでよかったのだけど、読み終えてしまった。でも、来週の再放送は聞こうと思います。『大阪』の感想はまた改めて。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2021年2月21日〜2021年2月27日)***

【勝手に広告】

ライナーノート執筆を担当しています。

  • 浅見旬一 『空と空の下』 (2000.12)
  • サボテン 『つづく夢』 (2002.4)
  • 水中ショウ 『青いしるし』 (2002.9)
  • 桂牧 『牧』 (2004.10)
  • 淺野大志 『あたりさわりのない話』 (2014.7)
  • 倉地久美夫 『おろかな雲』 (2019.1)
  • 倉地久美夫 『へっちゃらソォニャ』 (2019.1)
  • 冬支度 『こんな風に』 (2020.2)


エッセイを連載しています。

  • 『ぐるり』
  • 『雲遊天下』
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2021 Kijima is responsible for this page, "mononophone".