「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2020年7月5日】
 今年に入って、何度目かの事務所引越し作業。いっときは全社員の1/3を擁した分室は、ほぼ解体となり、事実上、派出所の位置づけに。常駐するのは、窓口となる責任者クラスのみに。あるべき姿とは言えるのだけど。業績を上げていたからではあるけれど、お客さんに合わせて業務形態も自社とは違っていて、独立した行政機能も持っていたのだけど、今後どうなるかわからない。ちなみに、わたしが常駐組なのは、「責任者クラス」だからではなく、当該業務の担当者がわたしひとりだから、で、そのために持ち出し不可能(なので、つまり在宅勤務も不可)な環境をあてがわれているから、です。偉くはない、と言っておかないと。誰にや。

 という訳で、仕事場が再編され、一時措置もあって、6月と比較すると、ひとが増えました。6月は、16時以降は「シマ」にわたしひとりとなっていたので、マスクが外せていたのだけど、それも終了。家と駅の間は、誰とも対面しないので、外している。駐輪場や駅に着いたらマスクをするというのはちょっと面倒なのだけど、感染がひどくなる前はそうしていたなと思い出して。暑くなり、ポケットが少なくなったので、暫定対応の備品を持ち歩くのは大変なのだけど。一階と二階の間でも、あれこれ忘れがちなのに、外で置き忘れてしまったら、と思うと。

 水曜日、帰りに、仕事場最寄駅近くのスーパーとその中の簡易カフェに。その前には、再開した図書館にも。氏名と連絡先の記入が必要。あまり見て回ることはしなかったけれど、展示のチラシなどを少し見てみたり。接触を避ける観点から、チラシも撒きにくい状況になっていて、チラシ好きとしてはつらい。簡易カフェでは、ぽちぽちとメモとり。できるだけのことをやって、いつもどおりを保てるかどうか。おそるおそる。

 木曜日、勤務地が離れてしまった同僚が切羽詰まっているようなので、朝、対策をIPで送ったら、同時に電話がかかってきた。きちんと考えるひとなので、できるところできないところの見定めもちゃんとしてる、という訳で、対策を擦り合わせる。会社に対する文句も臆することがないので、はらはらするけれど。IPやメールは検閲可だから。こういうとき、直に会って話ができないのが困る。金曜日の定時に向けて、逆算して、こちらでできることを引き受ける。わたしの作業量が増えると、請求が増える訳で、お客さんからすると、なんでそんなにかかるんだということになるのだけど、それはもともとのお客さんからのディレクションに不備があるからです。と文句を言われたら、言い返そうと思っているのだけど、まだ言われていない。
 帰りに、かしぶち哲郎さんの『リラのホテル』を聞いていて、ちょうど乗り換えないといけないところで、「屋根裏の二匹のねずみ」をうっとりと聞いていたら…乗り過ごした。

 金曜日、あれこれインタラプトが入ったものの、なんとか予定していたところまで定時に漕ぎつけた。急いで帰って、20時にはパソコンの前へ。ニヒル牛20周年記念のニヒル牛フェス配信版で、よしこストンペアのライヴ。佐藤幸雄とわたしたちのときの失敗を踏まえて、直前に起動させて、開始に備えたのだけど、開始が遅れたことが関係するのかどうか、やはり、始まっても、固まってしまった。再起動させたら、ちゃんと見られるようになった。再起動にはそこそこ時間がかかるので、困る。このメモ、困ってばかりですが。マンボウ??no5さんの展示が始まったところということで、ディスプレイは演奏の背景になることも考慮されたものになっていたのだとか。小さなスペースでもひろびろとしたものを感じさせるよしこさんの動きや歌、展示箱の向こう側で見え隠れしていることでどこからともなく鳴っているかのようなイシダストンさんの演奏が、「ニヒル牛」という場所の奥行きを感じさせるものになっていた。選曲も、ひとつひとつの箱を応援するようなものになることを意図されているように感じた。

 土曜日、ひさしぶりに外出、だったのだけど、雨が降ったり止んだり。そろそろ出ようかという時刻に、母親が昼寝していて、雨が収まるのと、母が起きるのを待っていたのだけど、雨も止まない、母も起きてこない、で、予定をひとつ断念。雨が降っていたら、歩いて移動できないし(あと起こった小さなアクシデントにより、結果的にはよかったのだけど)。
 大阪天満宮南「音凪」でのベートルズ、しょうにゅうどうのライヴを聞きに。3月末の池間さん以来の空気振動直聞き。ベートルズは、ことさら荒立てないけどまったくさりげなくない歌と現状の困難についての話が地続きになっていて、谷川俊太郎さんの詩の朗読とともに、気持ちよいだけでない鎮まった時間を作り出していた。しょうにゅうどうは、河合愼五さん(カタリカタリ、百景借景)と西本さゆりさん(Ett)のデュオ。去年初めて聞いて感激した河合さんと大好きなEttの西本さんのデュオ!ということで聞きたいと思っていたのだけど、視線の先に手を振って声をかけるような、手元にことんと着地する歌がたくさん聞けて、とてもよかった。まだ録音物はないのだけど、配信ライヴでいくつかの曲が既に馴染みになっていたことで、着地感が増していたかもしれない。Ettの好きな「右左」と百景借景で演奏されていて感激した「ロドリゴ」も演奏してくださって、うれしかった。3月以来です、と伝えたことがプレッシャーになったかもしれなくて、申し訳なかったですが、どうしても聞きたい、ということがなければ、動けなかった。
 ツイターで見かけて気になっていた名古屋の「芸処」についての本、『芸処名古屋』を西本さゆりさんが持ってきてくださっていたので、購入。
 前述の小さなアクシデントというのは、雨がちということで、厚底の靴を選んで出たのに、天神橋筋商店街を歩いている途中で、底が剥がれてしまったこと。ぺったらぺたらこぺったっことなってしまった。

 きょうは晴れていたけれど、晴れているなりにやることがあって、午前中はばたばた。正午近くにクリーニング店に行ったら、ビートルズの "Good Night" がかかっていて、面白かった。ええかんじや。そう言えば、ベートルズ…さんが、よく似た名前のバンドのカバーを2曲演奏されたのだけど、1曲目が昔々友人の結婚披露宴で急遽歌うことになったとき歌った曲で、2曲目が最初そのために選んだものの「マイナー過ぎて賓客にわからない」と却下された曲だったので、個人的に感慨深かった。しかし。"Here, There, And Everywhere" と "I Will" の知名度の差ってあるのか。
 午後から、前日出かけて以降のツイター書き込みを読んでいたら、「山下達郎 Sunday Songbook」を聞くのをすっかり忘れていた。落ち着いてから、radikoタイムフリーで聞いた。ジャニー喜多川氏一周忌ということで、「初代ジャニーズの洋楽アプローチとアメリカ進出計画」特集。なんと、お蔵入りになったアメリカ録音がいくつか放送されるということで。The Johnnysの米盤シングルAB面、お蔵入りした録音から、伝説の「Never My Love」、アソシエイションの発掘盤の解説に a big Japanese group とあるのがジャニーズではないかと推測していた「Autumn Afternoon」に加えて、知らなかった「The Visit」(のちにサークルが録音)が聞けて、驚いた。未発表録音は、スタジオでのやりとりも含まれているので、録音確認用のアセテート盤なのだろうか。ようやく聞けた初代ジャニーズの「Never My Love」は、アソシエイション版にあったエンディング部分がなかった。あのエンディング部分はオルガンのフレーズを含めて大好きなので、あおい輝彦さんのライヴアルバムに収録されたバージョンは、途中で終わっているように思えて物足りなかったのだけど、確かに「正調」Never My Loveだったのでした。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(020年6月28日〜2020年7月4日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2020 Kijima is responsible for this page, "mononophone".