「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2021年7月25日】
 オリンピック特例措置で、祝日が移動し、月曜日の休みがなくなり、8月の祝日も移動して、先週は三日間だけ稼働日で、木曜日から四連休になった。三日間の稼働日は、大きな納品が二件予定されていたのだが、案の定というのもなんだけど、先方の都合で、延びてしまった。延びたといっても、ぎりぎりまて、予定に合わせて進んでおり、やるだけのことはやったうえに、さらにやることが増える、のだ。

 暑さもひどかったけど、火曜日の朝、掃除機に思い切りぶつけた左足小指の痛みが長引いたり、なんやかんやで、買い物以外には、外出しない四日間だった。

 引き続き、オリンピック開会式問題にもひっかかっていた。つい、では、どうすべきだったのかを考えてしまって。先週書いたのは、この問題に言及する資格がないというようなことだった。もともとフリッパーズ・ギターを始めとする小山田圭吾氏の「表現」に違和感があり、それが「ロッキング・オン・ジャパン」誌のインタビューでのいじめについての発言で決定的になって、以後、その「名」に積極的な関心を持たなかった。だから、処遇について何を思っても、「もともと関心がない」ひとのもの、にしかならないから。

 請けたときに、問われるであろうことについて、応答し、表明すべきだったろうと思っている。かつて応答しない過去のように一方的に軽視したひとに謝罪せよというのとはちがう。現在、そのように扱ったのと同じような状況に置かれているひとたちに対して、どのように考えて、どのように貢献しようとしているかを示す必要があったのではないか。貢献しようとしていたのであれば。
 でも、伝わってくるスタッフの人事についてのゴダゴタから想像して、イベントとしての捉えかたそのものがそうしたことを問うたり、考慮するようなものではなかったのだろう。

 非難しているひとたちへの批判も出ているけれど、非難に乗っかっているひとたちも、そうしたひとたちを批判することで、結果的に、どうすべきであったかを曖昧にしてしまうひとたちも、話をしたいという気持ちがわかない。非難に乗っかっているひとはいつものごとくだけど、過去を語りつつ、みんなそうだっただろう式の黙らせかたをしても、問題は消えない。そこじゃない、と思う。非難に乗っかっているだけのひとのことは無視してでも、問題を検討しないと。

 罪を犯したり、立候補したりしないのは、それができない過去があるからです、と冗談半分、本気半分で思っているけれど、この問題に関連しては、冗談としても、言えないか。

 土曜日、「ポポタム」通販で頼んだビョン・ヨングン(Byun Young Geun)さんのイラストコミック『今日のデザート 1-3』(日本語版)、新聞マンガ研究所『新聞マンガ総目録 初版』が届いた。ビョン・ヨングンの今作は、前に買った『Flowing Slowly』とちがい、セリフがあるコミック形式。それに日本が舞台。ハングルでも買うつもりでいたけれど、「ポポタム」から日本語版が出て、良かった。「東京で暮らす弟が家を空ける間、飼い猫の世話をするため、ソウルからやってきた兄」という案内文にある設定は、作品そのものからはわからないけれど。今回も、風通しのよう風景が、と思いきや、ぱらっと開いた第3話の冒頭で笑ってしまった。「湿気がすごい」「何もできない!」と語る主人公は上半身裸!いまの状況そのままや。
 新聞マンガ研究所『新聞マンガ総目録 初版』は、新聞に連載された漫画の新聞別、著者別、作品別のリスト。労作なので、あれが無いこれが無いというのは避けたいところだけど、周到なリストなだけに抜けもすぐにわかってしまう。父の趣味で、うちは「サンケイ新聞」だったのだけど、手塚治虫『青いトリトン』はあるのに、『鉄腕アトム(アトム今昔物語)』がない。牛次郎(原作)・川手浩次(作画)『快傑ライオン丸』、若林不二吾(うしおそうじ)『風雲ライオン丸』もない。ウェブで検索したものをそのまま載せているのではないという証拠にはなるけれど、今後、ウェブ情報を検証しながら、増補改訂されればいいなと思う。

 土曜日の夜0時から日曜の朝5時にかけて、youtube番組「真夜中ほにぇにぇ軒」第20回、ゑでぃまぁこん20周年特集。前半はアンケート20問×6人分、後半は20年間の年表を追いながら。見に行ったライヴの話や映像も出てきて、とても消化しきれないけど、改めて、また聞きたいと思うし、好きなんやなと思ったり。見始めたのは開始1時間後で、途中、気を失いつつ、寝られなくて、最後のライヴ演奏2曲目で寝落ちした。きょうもまだ見ることができたので、見られなかった分を補った。最後のライヴ演奏(4時間35分?)は。メンバーアンケートで3人の方が「好きな曲」に挙げていた「ガーランド」からなのだけど、ライヴでは聞いたことあると思うけど、録音物あったっけと思ったら、行ってない日の配布CD-R収録だった。

1. ガーランド
2. 悲しい曾雲
3. ふわふわあい
4. ストロボ
5. ひまわり絶叫


***先週のぐりぐらメモ 再放送(2021年7月18日〜2021年7月24日)***

【勝手に広告】

ライナーノート執筆を担当しています。

  • 浅見旬一 『空と空の下』 (2000.12)
  • サボテン 『つづく夢』 (2002.4)
  • 水中ショウ 『青いしるし』 (2002.9)
  • 桂牧 『牧』 (2004.10)
  • 淺野大志 『あたりさわりのない話』 (2014.7)
  • 倉地久美夫 『おろかな雲』 (2019.1)
  • 倉地久美夫 『へっちゃらソォニャ』 (2019.1)
  • 冬支度 『こんな風に』 (2020.2)


エッセイを連載しています。

  • 『ぐるり』
  • 『雲遊天下』
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2021 Kijima is responsible for this page, "mononophone".