「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2017年11月19日】
 ツイターでの書き込みは、なにかしら情報的なものがないと申し訳ないという気持ちがあって、感想はこちらにというかんじになっている。ツイターでの書き込みだけを見られていたら、スルーしてるみたいになるかという懸念もあるのだけど、なにかついでに伝えることがないと書きにくい。
 「いいよ」という発言が他のひとにとって情報になるのは、わたしが(実際に)良いものについて良いという判断をする能力があり、かつ正直であるということが共有されている場合であって、そうでない場合は「いいよ」というだけではなんということはない。だから、「いい」と思ったときにどこがそうなのかをできるだけ説明することで「情報」にいくらかでも近付けることができればと思っている。でも、それにもきっかけはいるんやけど。しかし、なんというか、ビートルズの全曲ガイドのような本が出るたびに "You Like Me Too Much" がひどい扱いを受けていることに「なんでやねん」と憤る奴の言うことなど信用したらあかんと思います、なんて巻き込み自嘲をするのはジョージに申し訳ないか。(というような主旨のことをツイターに書いてのち、きょう藤本国彦さんが最近出されたと思しき全曲ガイド本を見かけて、焦った。タイミング的に藤本さんの本を指しているように読めないこともない。これは炎上案件かと思ったのだけど、そんなことはなかった。ちなみに、藤本さんは世間の低評価を匂わせつつ、個人的には好きな曲と書かれていた。)
 ちなみになにかしら知っているひとの場合は、先の前提は要らないです。それは、そのひとの情報だから。ああ、いま楽しんでるんやな、そうかいいのか、ということを読むのは楽しい。「いいね」なんて合図を送るのはうざったらしいやろなと思うので、あまりしないけど。特に女の子には。でも、楽しませてもらっているし、参考にもしてます。

 先日通りがかったときに知った京都での「爆音映画祭」『マッドマックス 怒りのデスロード』を見に行ったのも、そうした縁からかな。ふだん見ないタイプの映画だし、爆音上映も初めてだったのだけど、ふだん見るタイプの映画をきょう見るのはしんどいことになりそうだったのでちょうどよかった。専制君主が君臨する砦からの女たちの脱走に巻き込まれる話で、ほとんどの時間ひたすら戦闘しながら走ってる、という。ヘビーメタルを演奏する担当の車両がおかしい。脱走の首謀者がたどりついた故郷も失われていたけど、生き残っていた女性たちがたくましくてかっこよかった。

 映画の前に。「タワレコ」で、きのう買わなかった石若駿さんの一枚目の『SONGBOOK』を結局。試聴機に入っていたブーム Poom の『2016』、"Bye Bye" の字足らずなメロディの曲がよかった。
「アーロントコ」で「美術手帖」1970年3月号。横尾忠則、クルト・シュヴィッターズ、植草甚一さんの『アリスのレストラン』についてのエッセイなど。マギー&テリー・ローチェ "SEDUCTIVE REASONING" LP版はCDが変なジャケットに変わっていたので見つけられてとてもうれしい。それとまだ聞いていないのだけど、クリームのインストゥルメンタルカバー集かな、ザ・ラバー・バンド "CREAM SONGBOOK"。裏面のライナーノートを見ると、19歳のマイケル・ロイドが中心になっているとあり、もしかして、ウェスト・コースト・ポップ・アート・エスクペリメンタル・バンドの、と思い。プロデューサーはロバート・フィッツパトリックとマイク・カーヴ。

 この土日。イヤホンを出勤用のスーツのポケットに入れっぱなしにしていて、外で音楽を聞かなかった。世間の冷たい風、ではなく、下世話な見方、考え方を浴びて、ぐったり。ふだんそれをシャットアウトしていることがよいことなのかどうか。しかし、カラダにはよくない。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2017年11月12日〜2017年11月18日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2017 Kijima is responsible for this page, "mononophone".