「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2021年9月5日】
 土曜日、友人のツイートに背中を押されて、映画『サマー・オブ・ソウル あるいは革命がテレビ放映されなかった時』を観に、ものすごくひさしぶりに梅田に。本当は、京都がよかったのだけど、時間割を見たら、朝の8時半からの一本目だったので、断念した。公共交通機関を使わずに、自転車で行ける範囲に、見たいものをやっていたり、置いていたりするといいのに、とこういう状況だと、郊外暮らしがうらめしい。
 (パンフレットが買えなかったし、相変わらずパソコンが不調なので細かいとこまで書けないけれど)1969年夏にニューヨーク・ハーレム地区にある公園で数日に渡って開かれた「ハーレム文化フェスティバル」の記録映像を、当時の観客や出演者の証言を交えて、編集したもの。お蔵入りになった経緯については、あまり触れらなかったけれど、回顧証言を交えることで、「当時の記録映画」よりも、置かれていた状況や会場の雰囲気がよく伝わってくるものになっていた。

 リズム・アンド・ブルーズ、ソウル、ゴスペル、ブルーズ、ポップス、ラテン、アフリカンなど、様々な、だけど、「ブラック」(映画の中で、誇りを持って語られる)な音楽が次々に登場する。スティーヴィー・ワンダー、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン、ニーナ・シモン、フィフス・ディメンションといったところは2、3曲、あとは1曲ずつで、証言や状況解説で中断することも多いのだけど、全然気にならなかった。断片的でも、圧倒されるものがあったということもある。
 振り返って、証言するひとにその場に居た観客が多いのがいい。家族で行ったピクニックのような思い出を持つひと、親に黙って友達と連れだって行ったひと、イベントに意義を感じて参加したひとなど。演奏者からは、当時置かれていた立場からの緊張や不安も語られていた。スライが、同胞たちからどんな風に思われていたかといったことも伺える。対極にあるモータウンには、振り付け師が居たとか。そらそうか。

 ちょうど開催中に、月面初着陸があったということで、それをネタにしたり、批判する声が拾われていた。元のスタッフたちのことは語られていなかったけど、知りたいと思う。そう言えば、主宰と司会のひとは、それまでそんな有名なひとではなかったということだけど、ものすごくうまい。押さえるとこは押さえつつ、なだめたり、盛り上げたり。財布の落とし物のアナウンスを聞いていて、「春一番」の福岡さんを思い出した。

 少し早めに行って、チケットを確保してから、ひさしぶりにレコード店や書店を覗いたのだけど、棚がずいぶん変わっていて、すっかり浦島太郎状態でした。勘が働かない。買おうと思っていた本も思い出せない。なんとか買いそびれていた「フリースタイル」48号(2021年夏号)を買った。予定ではもう9月20日に次号が出るのだけど。今回の特集は「短篇マンガの秘かな愉しみ」。

 今週も、パソコン不調対策は続けているけど、一進一退。いろいろ試してみているのだけど、穏便なやつをやろうとして、また固まったりといった調子で。
 といったかんじでなかなか聞けなかったしょうにゅうどう(with shinox、鈴村まどか)の配信ライヴ「しょうにゅうどう de どうでショー in KDハポン」を、最終日の8月31日夜にやっとなんとか聞いた。途中で固まっても、途中から再開することができなかったりして、てこずってしまったけれど。

 仕事は、長期課題に一区切りついた、と思ったら、オマケ的なものを忘れていたことに気づいた。それも来週には終わるかな。これで、長年の作業から解放される。といっても、三つに分かれてしまった担当部署のうちのひとつで、残りのうち、ひとつは既に(知らない間に)担当を外れているけど、ひとつは名目上、継続している。既にお役御免になっているものは、内容がひどくて、こっちが迷惑しているので、ほんとは手を入れたいのだけど、依頼がないので手が出せない。もうひとつは継続しているものの、担当部署にあまりやる気がなくて、放置されたままひどいことになっているけれど、やはり依頼がない。さて、どうしたもんだか。
 元はと言えば、三つに分かれる前の担当部署に、この仕事の必要性と面倒くささについての理解者が居て、言うたら、自由にやらせることで、回してた。理解者が居なくなり、三つに分かれたら、費用をどこが持つという話が出てきて、棚上げになった。こちらも、請求できるかどうかわからないのに、「自由に」はできない。勝手にやりよるだろうと思っていたかもしれないけれど。
 毎回、文句を言ってるけど、先週書いた「指摘の再連絡」や「でたらめな指示への指摘」について、まだ回答来てないんよ。再来週には納品なのに。そんなかんじなので。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2021年8月29日〜2021年9月4日)***

【勝手に広告】

ライナーノート執筆を担当しています。

  • 浅見旬一 『空と空の下』 (2000.12)
  • サボテン 『つづく夢』 (2002.4)
  • 水中ショウ 『青いしるし』 (2002.9)
  • 桂牧 『牧』 (2004.10)
  • 淺野大志 『あたりさわりのない話』 (2014.7)
  • 倉地久美夫 『おろかな雲』 (2019.1)
  • 倉地久美夫 『へっちゃらソォニャ』 (2019.1)
  • 冬支度 『こんな風に』 (2020.2)


エッセイを連載しています。

  • 『ぐるり』
  • 『雲遊天下』
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2021 Kijima is responsible for this page, "mononophone".