見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | last week |


 
contents *guideココ
イーノの映画音楽 【2023.01.3.改】
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2024.03.22.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
 
【▼ぐりぐらメモ/2024年7月14日】
 きょうは一日、腰が痛くて、難儀した。今週初めに、調子がおもわしくないのに通院を拒否したので電話受診で処方してもらった薬が効いたのか、母は、自分で(四苦八苦して)起きるようになったのだけど、支えたり、抱き起こす場面も何度かあり、それで負担がかかったということはあるかもしれない。ちょうど、ex.Twitterで、ETAC社の簡易介護リフト「Molift Raiser Pro」の紹介が回ってきていたので、「欲しい」と思ってしまった。699.99ドル。12万円。

 今週の母。月曜に薬を処方してもらい、火曜朝は予告なしの往診で点滴。デイサービスは休む。水曜、朝は食欲がなかったが、昼から食卓へ。翌日のデイに行けるかどうかわからなかったので、がんばって、風呂場まで来てもらって、かけ湯とシャワーで洗ってもらった。直後にケアマネさんから電話があり、デイのほうからも申し出があったということで、木曜は行くことになった。おかゆにしていたけれど、この日の夜からご飯。金曜はリハビリの日だけど、担当のかたが休みで、午後から別のひとに来てもらった。金曜の夜は、緊急事態(婉曲表現)対応でちょっとたいへんだった。土曜朝、10日ぶりに居間に来た。出てこないのは、不調を風邪と考えており、うつしたくないからと言う。日曜、食事のとき以外はベッドで。事件はなし。
 水曜の夜からだったっけ。居間に布団を敷いて寝ているのだけど、扉が布団で開けにくい。そこで、20cmほど折り込んで、扉が開くスペースを確保した。母の声が聞こえやすく、動きやすい。
 日曜、弟一家が、晩ごはんを持って、見舞いに来てくれた。

 今週は、術後の経過観察のための定期検診。木曜に尿検査と血液検査。尿に問題はなし。採血のとき、「血管が見つかりにくいんですよねー」という先回り。最近、ネタのようになっています。終わってから、図書館、スーパー、食事ののち、せっかくなので、ひと駅乗って、銀行と書店めぐりでもと思っていたら、銀行の手続きに予想外に時間がかかってしまい、書店めぐりなしで帰宅することになった。土曜、CT検査。天候が思わしくなく、しかし、洗濯物がたまっていたので、検査後にどこかに行くということはできず、食事とスーパーのあと、帰宅。結局、夜遅くまで降らなかったのだけど。

 今週の音楽関係。●月曜日、薬局とスーパーから帰ってきたら、ロゴなしのバンが家の前に止まった。お向かいに用事かと思ったら、わたし宛のゆうパックだった。業務委託なのだろうか。なんにしても、再配達や本局での受け取りにならなくてよかった。届いたのは、倉地久美夫さんの新譜『OPEN TODAY』、LPとCD。●月曜の20時、スーパー脇の通販受け取りロッカーに通販物が届いたと連絡があったけど、20時ではもう出られない。翌朝、8時半に「ご確認ください。受け取らないと送り返されますよ」との注意喚起メールに煽られた。昼の買い物時にやっと引き取り。「note」で楽しく読んでいた連載をまとめた胡弓かなた『あきれたぼういず活動記』。Amazonのオンデマンド出版サービスでの刊行だけど、450ページ超えの堂々たる一冊です。当時の記事や回想を丹念に追いかけて、活動の様子を伝えるもので、ウェブならよくても、書籍にするのはむずかしいのではと思っていた当時の図版も、きちんと許可を取られたそうで、掲載されています。資料編や識者による書き下ろしコラムの追加もうれしい。●火曜の夜、20時から、ウェブでの『ネガポジラジオ配信ライブ【赤ちょうちん】』第201回、bikkeさんの回を聞く。ナマ演奏は、「大風のうた」、「ゼロ」、「太郎冠者のヤー!」、「sign」。「大風のうた」はタイトルを初めて知った。●火曜の昼に配信されているけれど、いつも寝る前に聞いているポッドキャスト『岸政彦の20分休み』第21回「どうしても紹介したい歌がありまして」。すずめのティアーズ特集でした。

 今週のテレビ。●火曜日の午後、NHK-BSで『がんばっていきまっしょい』。好きな映画。熱や力が、きらきらしたものではなく、じりじり、ひりひりとした焦燥感や脱力感から伝わってくるのがよかった。記憶を捏造していたけれど、最初にたぶん薦められて、レンタルビデオで見て、サントラを買って、しばらくして上映会があったので見に行ったのでした。●木曜日、NHK教育『CLASSIC TV』で村治佳織さんを見たあと、しばらくして寝落ち。途中、テレビとエアコンを消したけど、次に起きたとき、テレビを点けたら、また村治さんが前日見た曲を演奏していたので、夢かと思ったら、『クラシック倶楽部』の再放送だった。●土曜日、ex.Twitterで高倉さんが面白いと言っていた『西園寺さんは家事をしない』を「TVer」で。夜、『GO HOME 警視庁身元不明人相談室』(小芝さん)、『マル秘の密子さん』(松雪さん)、『青島くんはいじわる』(…中村アンさん、なのか)。●土曜日放送分を翌日、録画で。NHK教育「一点中継 つくる」再放送、「舞台美術家 妹尾河童」(1988年9月4日放送)、「人形作家 辻村ジュサブロー」(1988年6月5日放送)。

 安芸高田市の前市長が東京都の都知事選で二位になったということで今週はその話題が出ていたようだけど、安芸高田市市長のときに、「YouTube」でなにやら薦めてくるので、見たことがあった。それは応援動画のようだったのだけど、それを見て、うんざりしてしまったので、興味が持てないでいる。頑迷な市議会や地元新聞をやり込めるのが痛快ということなのだけど、意見が通るときはいいけれど、意見が通らないときはあの手この手で「黙らせる」という方法をとるひとのようだから。いいことをするのだから、黙ってやらせろ、文句を言うな、という方法のどこが「改革」なのだろう。旧来のひとたちが「したくても(まだしも常識があるから)できない」ことというだけではないか。

 訃報。7月7日、天野天街さん。7月11日、シェリー・デュヴァル Shelley Duvall さん。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2024年7月7日〜2024年7月13日)***

【勝手に広告】

ライナーノート執筆を担当しています。

  • 浅見旬一 『空と空の下』 (2000.12)
  • サボテン 『つづく夢』 (2002.4)
  • 水中ショウ 『青いしるし』 (2002.9)
  • 桂牧 『牧』 (2004.10)
  • 淺野大志 『あたりさわりのない話』 (2014.7)
  • 倉地久美夫 『おろかな雲』 (2019.1)
  • 倉地久美夫 『へっちゃらソォニャ』 (2019.1)
  • 冬支度 『こんな風に』 (2020.2.22)
  • ヴァージンVS『モンテクリスト・ファンクラブ 上巻』(2023.4.19)


エッセイを連載しています。

  • 『ぐるり』
  • 『雲遊天下』
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2024 Kijima is responsible for this page, "mononophone".