「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2021年1月17日】
 運転免許を更新しに行ったときに、備えとして、地図帳を持っていったのだけど、そのまま居間の机の上に置いていたら、「出かける気か」と警戒されてしまった。土日とも、買い物以外は出かけず。

 バレエ『ペンギン・カフェ』を見たことで、幸い定額制配信にそこそこあがっているので、あまりちゃんと聞いていなかった「後期」ペンギン・カフェ・オーケストラの作品を聞き直そうと思い立った。まずは、"SIGNS OF LIFE" (1987)。ウクレレを使った軽やかな曲よりも、ストリングスを中心にした曲が印象に残った。"Southern Jukebox Music"、"Rosasolis"、"Perpetuum Mobile"。最後の "Wildlife" がメロディを際立たせず、流れそのものの作品で異色だった。

 土曜日の昼前、Rhucle氏のアルバム "ROYAL BLUE" 発売記念(配信)イベントでの、Otomi Chieさんの演奏を。Otomiさんの前に演奏していた Home Baker さんの演奏も面白かった。検索で見つけにくい名前だけど。Oxtail Recordingsからリリースされている。

 『ノンスタンダードの響き』をDisc 4、Disc 1、Disc 3、Disc 2の順に聞いた。年代順でない編集のよい点は、選ばないで済むこと。当時、ちょっと苦手に感じていたアーバン・ダンスがすんなり聞けて、面白かった。意識していなかったけど、高橋幸宏っぽさが感じられたことも発見。ワールド・スタンダード「太陽は教えてくれない」、Shi-Shonen「彼と仔犬とわたし」など、関心が薄れていた頃の作品について、曲だけ聞いて、「コレナンデスカ」的に記載を見返したり。
 という感想に逆行するようだけど、作品ごと、年代順も改めて把握したかったので、収録内容を整理した。
 

1. 細野晴臣「Making Of Non-Standard Music」(1984.11.10)
1-2, 1-13, 2-1

2. Mikado 「Naufrage En Hiver」(1984.11.21)
1-9, 2-8

3. Mikado 「パルスイート・スリム」CM(冬のノフラージュ)
2-16

4. 細野晴臣 『S・F・X』(1984.12.16)
2-6, 1-10, 4-3, 3-13, 4-12

5. 細野晴臣 『S・F・X』アウトテイク
3-8, 4-13

6. Mikado 『MIKADO』(1985.1.21)
1-4

7. Urban Dance 『URBAN DANCE』(1985.4.21)
2-10, 3-9, 3-4, 1-8, 1-17

8. Shi-Shonen 『SINGING CIRCUIT』(1985.5.21)
1-15, 4-5, 1-7

9. World Standard 『珠玉のワールド・スタンダード第一集』(1985.8.21)
4-16, 1-6, 3-6, 2-2, 3-11

10. World Standard 「六本木WAVEテープ・オーディション」(1984)
4-11

11. Pizzicato V 「PIZZICATO V in the Audrey Hepburn Complex」(1985.8.21)
3-10, 1-12. 2-12

12. Pizzicato V 「デモテープ」
4-8, 4-9, 4-10

13. Mikado 「Carnaval」(1985.10.21)
3-2, 4-1

14. 越美晴 『BOY SOPRANO』(1985.11.21)
1-11, 3-12, 1-3, 4-2, 2-9, 3-5

15. Shi-Shonen 「Do Do Do」(1985.12.16)
4-14, 2-14, 2-21

16. Friends Of Earth 「FRIEND OR FOE?」(1985.12.16)
3-1

17. Pizzicato V 「PIZZICATO V in ACTION」(1986.1.21)
2-7, 1-5

18. World Standard 「DOUBLE HAPPINESS」(1986.2.21)
1-14, 2-13

19. Friends Of Earth 「DECLINE OF O.T.T」(1986.3.21)
2-5

20. James Brown & F.O.E 「Sex Machine」(1986.5.1)
3-14, 3-15

21. Friends Of Earth 『SEX, ENERGY AND STAR』(1986.5.21)
1-16

22. Urban Dance 『2 1/2 (Two-Half)』(1986.6.21)
2-3, 4-15, 4-4

23. Shi-Shonen 『2001年の恋人達』(1986.7.21)
2-4, 3-7

24. World Standard 『ALLO!』(1986.7.21)
4-6

25. Pizzicato V 『PIZZICATOMANIA!』(1986.7.21)
3-3, 4-7


 『ノンスタンダードの響き』本では、ピチカート・ファイヴの楽曲は、「アクション・ペインティング」の別ミックス以外は、『PIZZICATOMANIA!』からなので、出典表記はそうなっているのだけど、曲ということで、バラした。オリジナルミックスで収録してくれていたら、もっとうれしかった。細野さんの「ボディ・スナッチャーズ」に日本語バージョンとあるのは、そうでないのもあるということか。知らなかった。表記で気になったのは、Shi-Shonenの「バイ・バイ・ヤッピー Bye-Bye Yuppie」。「Bye-Bye Yuppie Boy」だったはずだけど。Discogsを見ると、確かにLPはBoyがないけど、カセットや再発CDにはBoyが付いていた。読みかたも、ヤッピーではなく、ユーピーと、エアチェックテープには記しているような気がする。

 昨日の夜、NHKでの『その街の子ども』再放送を見ながら眠り、今朝、いつものように5時半に起きた。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2021年1月10日〜2021年1月16日)***

【勝手に広告】

ライナーノート執筆を担当しています。

  • 浅見旬一 『空と空の下』 (2000.12)
  • サボテン 『つづく夢』 (2002.4)
  • 水中ショウ 『青いしるし』 (2002.9)
  • 桂牧 『牧』 (2004.10)
  • 淺野大志 『あたりさわりのない話』 (2014.7)
  • 倉地久美夫 『おろかな雲』 (2019.1)
  • 倉地久美夫 『へっちゃらソォニャ』 (2019.1)
  • 冬支度 『こんな風に』 (2020.2)


エッセイを連載しています。

  • 『ぐるり』
  • 『雲遊天下』
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2021 Kijima is responsible for this page, "mononophone".