「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2017年12月10日】
 早朝、bikke+近藤達郎『1992年』をやっと聞いた。デュオでの録音とバンド(水銀ヒステリアの西村睦美さん、山田由美子さん、積極的な考え方の力の林慈郎さん)での録音が収録されているけれど、バンドでの2曲、「月の誓い」と「世界で一番好きな顔」についても近藤さんのプロデュースのようです。デュオでのライヴには当時出会えなかったけど、ここに収められた9曲は、1992年を通じて演奏されていたもののようです。ラブジョイの母体になった篠田昌已さんを含むスペシャルユニットの11月28日のライヴでもこの9曲が演奏されている(+「跡形も無シ」)。まだあまり冷静には聞けてない。ラブジョイになってから演奏されなくなったのか、「川辺で」と「Augenblick」をきちんと聞いたのは初めてだと思うど、鎮めるように歌う声を聞いていると、あたりまえのことなのだけど、ただただ、bikkeさんの歌だ、という思いがする。

 昼から「芦屋市立美術博物館」での「小杉武久 音楽のピクニック」展に。今回は阪神電車で。それでもそこそこ歩く。展覧会は、活動を振り返る資料とサウンドインスタレーション作品の展示。資料編では、グループ音楽、フルクサス、草月ホール、タージ・マハール旅行団と、同時代の様々な作家たちとの協働が改めて浮かび上がってきて、時代の記録にもなっている。それだけ、ある分野の活動に必ず小杉さんが居た、ということなんやな。先日なんも考えんとネットで映像を見ていたシャーロット・ムアマンが出てきて、そやったそやった、フルクサスのメンバーだったのだと思ったり(うっかりなだけ)。フルクサスの集合写真には、アル・ハンセン(ベックの祖父)やメレディス・モンクの姿も。ディック・ヒギンズの姿は初めて見たかもしれない。メレディス・モンクもフルクサスだったのか。
 冊子などの印刷物は、展示とは別に、該当部分のコピーが置かれていて、ありがたし。ゼロックスの「グラフィケーション」誌には2回にわたってタージ・マハール旅行団が登場している。栗津潔さんの関係か。
 「Catch Wave」としても知られる「Mano-dharma, electronic」などのサウンドインタレーション作品、会場内にあった言葉で云えば、オブジェ・ソノールがそこかしこで響いていて、見終わったあとも、しばらく音だけ聞いていた。のだけど、そんな会場でぺちゃらくちゃらぺちゃらくちゃら仲間内で雑談してる一団が。そこで集合待ちしていたみたいだけど、いろんな意味で閉口してしまった。

 タージ・マハール旅行団が出演したフェス「ICES 72」のプログラムに、Lady June's Linguistic LeprosyとPortsmouth Sinfoniaの名を見つけた。レディ・ジューンさん、LP以前にその名で活動していたのですね。資料編はついつい枝葉の興味で見てしまい、すみません…。

 18時から、心斎橋「FUKUGAN GALLERY」で、アンソニー・ムーアさんの5chサウンドコラージュ作品「重力の波」を、宇都宮泰さんが開発に加わったハーフワン・スピーカーで聞く会「Gravity Waves + Half One」に。ムーアさん来日時は仕事で行けなかった日に行われた音の展示です。セッティングも宇都宮さん。作品は、静的な音の繰り返しではなく、約50分の「ある時間」の経験と言うべきか。あちこちに、Arpさんとの共作などで聞かれるフェイズ作品が登場もする。
 19時からはハーフワンスピーカーとフィルターソフトWaveGeneを使った宇都宮さんのホワイトノイズ切り出しによる作品の実演。昼に目にしたオブジェ・ソノールの語を思い浮かべつつ、数字と操作と音と耳の関係にくらくらしてました。illustratorによる描画も連想。行為をなぞるのではなく、成り立ちを解析して、それを操作することで、成り立ちそのものに迫る。WaveGeneはフリーウェアだそうだけど、重そうやなぁ。ワークショップも計画されているそうです。

 通勤音楽など。ブライアン・フェリー "THE BRIDE STRIPPED BARE"、を聞く前に、"LET'S STICK TOGETHER" を。ロキシー・ミュージックの1枚目収録曲のリメイクを含む企画盤なのだけど、これを聞いた直後に、1枚目の45周年記念盤の告知を見たのでした。未必の故意、的な。マイケル・マントラー "THE HAPLESS CHILD AND OTHER INSCRUTABLE STORIES" は、ECM作品の配信が始まったということで検索してみたら。ロバート・ワイアットがヴォーカルをとるエドワード・ゴーリー作品をモチーフにしたアルバムということで、昔から気になっているのだけど、マイケル・マントラーの音楽のねちっこさがあまり好きではなくて、延ばし延ばしにしているうちに再発盤も見かけなくなり、そうなると、と中古盤コーナーをチェックしたり。いや、でも、やっぱり、ねちっこさと急き立てられる感じがうーん。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2017年12月3日〜2017年12月9日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2017 Kijima is responsible for this page, "mononophone".