「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2018年7月15日】
 暑くて動き回るのはしんどいので、のろのろと部屋の片付けをして過ごしたのち、昼遅くになって、外出。おもいつきで、「男の日傘」の代わりに、30センチ四方の段ボールを翳すのはどうか、と思い、レコード袋に入れて、持ち出した。何故に日傘は女性のみかという問題は確かに気になるところではあるものの、言うたら、雨の日でも別に傘が好きな訳ではなく、しかし、レインコートはもっと面倒なのでいたしかたなく、なのだ。帽子も同じく。ひとのを見てかっこよいと思ったことがないのに、自分がサマになるとは到底思えない。しかし、熱中症だけでなく、皮膚がやられる、紫外線にやられるのも困る。という訳で、30センチ四方の段ボール紙片をレコード袋に入れて翳せば、カモフラージュになるのではないかと。実践しての問題点。(1) 日を背にしたときの姿が間抜けだった。(2) バッグに入るはずが入らず、日が落ちてからも提げることになってしまった(小さくすることで解決する)。(3) レコード袋に段ボール、だと竹光感がすさまじく、心が折れそうになった。…レコード袋を提げた者同士がすれ違う。一方が「ふっ」と笑う。「何がおかしい。無礼であろう」とレコード袋の開け口に指がかかるも、「ほう、抜けるものなら抜いてみよ」「うぐぐ」となりそうで。

 北浜「雲州堂」での音凪企画7周年記念特別興行「夏の倉地祭り2018」に。出演は、佐藤幸雄とわたしたち、倉地久美夫×外山明×宇波拓。佐藤幸雄とわたしたちは昨日に続いてだけど、「雲州堂」でも聞きたかった。「UrBANGUILD」では、左から、柴草さん、佐藤さん、POPさんの順でしたが、「雲州堂」では、POPさん、佐藤さん、柴草さんの並び。ピアノがよく聞こえる。演奏曲も一部異なり、わずかな音で言葉を際立たせる曲がいくつか。激しい音も散らばらずにそこに留まるようなかんじが、「雲州堂」の音やなと思う。
 倉地久美夫×外山明×宇波拓。イギリスで発売が予定されている新作からの曲が中心。宇波さんのギターは、倉地さんとは異なり、ミニマルな音を細かく奏でていて、補完しているようでもあり、隙間を際立たせているようでもあった。演奏が既に多声的であったからか、1曲の中で倉地さんが何人にもなるところは少なく、直球な印象がありました。
 歌や音楽が自在に鳴っていることをしみじみ感じる演奏会でした。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2018年7月8日〜2018年7月14日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2018 Kijima is responsible for this page, "mononophone".