「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2018年5月20日】
 明け方、妙な夢を見た。遠くの町から、夜遅くに、小さな男の子を連れて、列車で帰途についている。途中でその子の姿が見えなくなり、不安な気持ちで探し回る、というもの。男の子は「預かっている」ので甥ということになるのだが、実際に居るのは姪で、甥はいない。

 午後から、元町方面へ。前にたどりつけなかった店や気になっている店など用事もいくつかあったので、今日はこちらに。ハシゴの案もないではなかったけど、強行も避けた。前にたどりつけなかった店はちゃんとあった。確かに付近で建て替えをしているビルもあったけど、そこはちゃんとあった。いくつか候補を見て、いったん持ち帰り。

 ハシゴを検討しながら、そこへの出店を考慮してなくて、閉まっていたところもあったけど、名前をよく見かける「汎芽舎」には行けた。ローウェスト・ノートのシングルは…CDを買ってなかったら買ってた。他にも気になるものはあったのだけど、セーブがかかって、動画で聞いて気になったカニコーセン(ユニット名だと思うので、「さん」は付けない)の『ラ2020』を買った。カニコーセンのひとのような写真をあしらった12インチがあったので、アナログ盤があるのかと思ったら、関係のない海外のひとの作品だった。

 行くつもりでいて閉まっていたところもあるので、少し時間が空いてしまった。このままでは中古盤や古本を掘りに行ってしまうという危惧があったので、珍しく元町駅近くの喫茶店で過ごすことにした。のだが、そろそろ時間だと思って歩き始めたら、「ちんき堂」の看板が目に入り、油断してしまった。ひさしぶりだからちょっとだけ覗いていこう、となったら、ほとんどぎりぎりまで居ることに。一冊だけ。リチャード・ニューマン著 "THE MAKING OF MIKE OLDFIELD'S TUBULAR BELLS"。1993年発売。トム・ニューマンとサイモン・ヘイワースへの取材を含む初期マナースタジオでの制作ドキュメンタリー。先日読んだ『英国レコーディング・スタジオのすべて』の縁のような気もして。マナースタジオのパンフレットの縮小版が綴じ込みで付いている。

 「space eauuu(スペースオー)」に。musika-nt、otomi chie、2o2、白丸たくト。電子音の3組に、急遽、弾き語りのひとが加わったかたち。musika-nt氏は、低音のリズムをキープしつつ、アラームを変調させた音が見え隠れする中、霧というか煙というかに包まれていく心地。アラーム音のせいか、列車のイメージを浮かべてました。ひさしぶりに、otomi chieさんの演奏を聞こうと思って来たのでした。今回は電子音のみ。ざわざわした音の中に、まるみのある、ふわっとした音が含まれていて、それが徐々に姿を現す。テクノとちがう電子音ものは、持続が特徴になるのだけど、どのように持続させるか、何を持続させるかで印象が変わる。シンプルなものから混沌としていくものが多い中で、混沌からシンプルなものに向かっていくかんじがよかった。2o2氏は横に倒したギターを音の発生源として変調を加える。フレッド・フリスのギターソロを思わせるけど、ギターの音のきらきらしたかんじをカットしつつ、(フリスのように)それを孤立させない。どこかでゆるんで、ギターの柔和な音を聞かせてくれてもよかったような気がしなくもないけれど、ストイックでした。白丸たくト氏は、自意識を隠さない若さを感じたけど、隠さないからか、演奏そのものに衒いはなかった。このところ取り組んでいるという詩人の作品(詩)に曲を付けるシリーズは、言葉を自分の言葉とするのではなく、距離をもって映像化しているようなところがあって面白かった。『つぶらなりけりかのひとみ』を購入。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2018年5月13日〜2018年5月19日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2018 Kijima is responsible for this page, "mononophone".