「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2021年6月13日】
 PCのある隔離部屋での寝落ち対策。そこそこの時刻で、寝床に引き上げる際に、PCも持っていくことにした。なんだそんなことか、はじめからそうしろよというかんじだけど、限られた時間内で、あれこれやらないとという追い立てられるかんじもなくなった。しかし。その対策実施の初日。アップデートして再起動せよ、とのお達しが出て、素直に従ったら、終わらねー。その日は、そのまま、寝ました。起きたら、アップデートは終わっていたけど、それ以来、PCの動きがどんくさい。テキストを打ってるだけなのに、変換しようとしたら、固まって、やっと金縛りが解けたと思ったら、なんの変換もされずに、ひらがなのまま確定されていたり。「を」が単独で打てないのも変わらず。他の文字を打って、続きで打たないと入らない。今回のアップデート前からの現象だけど、しばらく放置していたら、画面が暗くなって何をどうしても復帰せず、しかたなく強制的に電源を落とさなあかんはめになるのも変わらず。

 ジストを聞く(続き)。"HOLDING PATTERN"発売前の2012年5月15日にhABIT Recordsから、"RETREAD YOUR HEAD" というジストの配信アルバムが出ていた。ここから出ているスチュワート・モクサムのアルバムを2枚持っているので、プロモかイベントに関連したプレゼント盤かと思っていたのだけど、ちゃんと確かめてみようと思ったら、iTunesで買えることがわかったので、買ってみた(意地になってない?)。
 サイトには、とても丁寧な解説と歌詞が掲載されていた。スチュワートさんは、ジスト名義で未発表曲をカセットで出していたらしく、その "SQUARE ONE" (Better Things Records)の収録曲からも選んで編集したのが、"RETREAD YOUR HEAD" ということのようだ。"RETREAD YOUR HEAD" には、のちに2枚の発掘盤に収められたものも入っている。"The Loving Cup"、"Yeah X3" が"HOLDING PATTERN"に、"Being True (Band version)"、"The Landmark" が "INTERIOR WINDOWS" に。そして、"Holding Pattern"についてのコメントで触れられていたものの謎だった "Immaculate Mistake" は "Holding Pattern" の原曲、というか、"Immaculate Mistake" を再編集したのが "Holding Pattern" だった。

 2枚の発掘盤に入ってない曲は、5曲。"Return To Work" は、のちに "CARS IN THE GRASS" に収録される曲。アリソン・スタットンがヴォーカルで参加している。"No One Road" は、 Andrew Moxham (drums) と Antony Silvestros (bass) とのトリオ編成での84、85年頃のスタジオライヴ録音という。"Being True" も同様らしい。"New Hat" は1981年に作られた曲とのことだけど、ここに収められていのは、1984年に録音されたヒップホップのようなアレンジのもの。…というところで、問題発生。残りの "Life Is War" と "Stereo Nightingale" が再生できない。「このコンピューターは "Life Is War" の再生を認証されていません。認証しますか?」と表示されるので、Apple IDとパスワードを入力、認証はされるのだが、再生しようとすると、また同じになる。問い合わせしようとしても、混み合っているので機会を改めてくれ、と。うーん。

 前述のカセットには、まだ「再録」されていない曲がある。曲名を変えて、採用されているものもあるかもしれないけれど、メモだけ。"Broken-Hearted Blues"、"Mutual Gaze"、"It Says Here"、"Hello World"、"Mistakes In Love"、"That's My Love"、"Remember"、"I Wish"、"Lost In Space"。ちなみに、"Turkey Inna Straw" には、ちゃんとS. Foster作とある。

▼hABIT Records UK - The G!ST download-only album "RETREAD YOUR HEAD"
https://sites.google.com/site/stuartmoxham/home/-retread-your-head-blurb

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2021年6月6日〜2021年6月12日)***

【勝手に広告】

ライナーノート執筆を担当しています。

  • 浅見旬一 『空と空の下』 (2000.12)
  • サボテン 『つづく夢』 (2002.4)
  • 水中ショウ 『青いしるし』 (2002.9)
  • 桂牧 『牧』 (2004.10)
  • 淺野大志 『あたりさわりのない話』 (2014.7)
  • 倉地久美夫 『おろかな雲』 (2019.1)
  • 倉地久美夫 『へっちゃらソォニャ』 (2019.1)
  • 冬支度 『こんな風に』 (2020.2)


エッセイを連載しています。

  • 『ぐるり』
  • 『雲遊天下』
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2021 Kijima is responsible for this page, "mononophone".