「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2018年1月21日】
 この土日はおとなしく。タブレットが使えないため、音楽を聞く時間が減っているので、最近入手したレコードや、聞きたくなったものを用事の合間に聞くことにして。パソコンの隔離が続いていて、それを口実にひとりになって、そこで。あ、書くのを忘れていたけれど、壊れたパソコンの光学ドライブは、瞬間接着剤による応急処置で、とりあえず、聞けてます。盤面の謎の汚れで読み取りエラーが出ていたエピック・サウンドトラックスの "DEBRIS" もなんとか取り込みができたので、バックアップをとっておこうと思う。

 先週は、ショーン・オヘイガンのソロツアーがあったのだけど、昔に比べればましになったとは言っても例によっての繁忙期なので、先が読めなくて、見送った。オヘイガンさんは、行く先々で出会ったミュージシャンにベイジル・カーチン Basil Kirchin を薦めていたようで、読んでいる範囲のツイターで話題になっていた。そう言えば、約1年前にハル市で行われた記念イベントで上映された伝記映画(の予告編)でオヘイガンさんはコメントしていたし、記念のライヴにも出演していたのだった。便乗して、カーチンの映画音楽の仕事やトランクレコードのことなど情報を混ぜつつ話題にしてみたけど、有益情報になったかどうか。

 小山景子さんが、鈴木美紀子トリオ「私とたいよう」の最近のライヴ映像を紹介されていたのを見て、ああやっぱりいい曲やなぁ、トリオの演奏もいいなと思い、検索をかけてみて、同曲を含む作品集『AWAKE』が2016年11月に発売されていたとを知り、愕然。ちょうど2年前の京都「夜想」でのライヴで、Go Everywhere作品集も予定していると話されているのを聞いて以来、楽しみにしていたのに、情報を見ることがなかった。で、あれこれ検索してみたのだけど、通販で扱われている様子がない。思いあまって、ということもあるし、そうした作品集が出ているという情報も込めて、どこで買えるのだろう、と呟いたら、鈴木さんご本人に伝わって、連絡をいただいた。申し訳ない気持ち。でも、これで聞くことができると思うと、とてもうれしい。

 とは言え、基本的な信条として、送り手、作り手に、聞き手としてのわたしは知られたくない、というか、そんなことを送り手は知る必要がないと思っているので、ネット時代になってから、行きがかり上というかなんというか、やりとりさせてもらう機会が増えたけれど、他のひとにとっては関係のない話なので、せめて他のひとには聞き手としてのわたしが送り手に知られているということは知られたくないし、知られないように気をつけている、つもりです。なんだか、『勝手にふるえてろ』の視野見のような話だけど。知られたくない。でも、なおかつ「でも知っている」とも思わない。何かを好きだったり、知っていたりすることは誇るべきことでもなんでもない。ただ、そうだ、というだけのことなので、知られる必要がない。

 ツイターは、基本的に、知り合いへの回覧板だと思っている。発信する場合はできるだけ情報を入れる。「あのひとなら面白がるかもしれない」と思える話題があれば、回覧する。ただ、「知り合いへの」情報であることから離れることは警戒している。ネットでのふるまいについての昔からの信念のようなものであるけれど。だから、知らないひとが回覧しにくいように、個人的な話を混ぜたりするのだけど、なんやろ、「立ちどまらない」ひとが多いのか、回覧されるときには回覧されてしまい、個人的な話も晒されてしまうのであった。目にしているひとも覚えてはいないし、そもそも、誰なのだ、という話だけど。

 立ちどまるな、ふりむくな、という沢田研二の歌は大好きだけど、ネットが行き渡ってから目にするようになった言論は、立ちどまったり、ふりむいたりしたら負けとくらい思っていそうなかんじで、萎えている。ツッコミというのは、立ちどまらせるためのもので、正しさへのカウンターとして、演芸においては笑いとなるし、議論においては考え直すきっかけになる、はずのものだと思うのだが、立ちどまらないし、立ちどまったら負けだし、立ちどまらせることを想定もしていないとなると、直ちに否定の効用をもってしまう。それも一方的な。言いっぱなしのためのものになってしまっている。
 立ちどまらない、譲らないとなると、議論のようなものが、信じるか信じないかの自己責任という話になり、そうなると、信じられるか信じられないかが問題になり、勢い、人格攻撃になりやすい。そうした流れもいまでは定型化されていて、デマを吹聴しているひとに根拠や証拠を求めると人格攻撃されたと受け取る(そのように受け取ればよいというレシピ)ということになっている。立ちどまらないで、先回りしてしまうのだ。都合のいい話。

 信用を落とす、なんてのは、いったん足止めするくらいの効果しかないし、そのようなものとして扱う必要があると思うのだけど、立ちどまらないひとたちが手にすると、戦略と自称して、そのことを目的化して、歯止めの効かない泥沼に陥るのではないかと思う。何もかもが言い訳に使われる。言い訳に使われないようにするのがとてもむずかしくなっている。

 夕方から図書館と書店とコーヒーで一服。書店で「レコードコレクターズ」2月号。見送ったキング・クリムゾン流動期のボックスセットが特集なので、刺激されるのを避けたいところだったけど(読んだだけで聞いた気になるという戦法もあろうが)、ローラ・ニーロの最初の2枚、あがた森魚『日本少年』の記事があるとなると、スルーできなかった。「レココレ」を通勤時に読むのは恥ずかしいという気持ちもあり、さてどうしたものか。座れたときだけ読む、とか。いや、その、古いロックにしがみついているみたいだな、という自嘲で。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2018年1月14日〜2018年1月20日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2018 Kijima is responsible for this page, "mononophone".