「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2017年9月18日】
 台風は夜のうちに通り過ぎ、朝には晴れていた。ただ、雲は厚く、昼前に買い物に出かけたときには、傘を持っていなかったのに、ぽつぽつと降り出して焦った。買い物を終えて、スーパーから出たときにはまたあがっていたけれど。そう言えば、どうも独自選曲をしているらしい、そのスーパー周辺の商店街のBGMで、サニーデイサービス「サマーベイビー」がかかっていた。星野源も、商店街でかかっていて、ようやくヒットしていることを実感したけど、サニーデイサービスも「ヒット」しているのだろうか。

 午後から、中百舌鳥「堺市産業振興センター」での「第五回文学フリマ大阪」に。会議室の一室を使ったこじんまりしたものを想像していたのだけど、広い会場にずらっと並んでいて、驚いた。創作同人や学校の文芸部の発表の場なんやね。文字表現による創作を一見で採るのは難しい。まして対面販売なので、立ち読みも照れる。お互いに審査してるみたいなかんじになってなければよいのだけど。ウェブ等である程度作風を知っているひとのものを手にするというかんじになるのではないか。ぐるっと回ったのち、餅井アンナさんの「食に淫する」1号を買う。トミヤマユキコさんの早稲田大学の授業で制作されたもので、トミヤマさんが紹介しているのを見て、気になっていたもの。餅井さんが出展されるというのが、滑り止めというか、覗いてみるきっかけでした。
 あたりを散策して、「ドトール」で一服してから、引き上げた。中百舌鳥旅行したことにして。「天牛書店」は、駅中の小さな店も半分近くが古本だったのが驚き。

 そのまま帰宅しようと思っていたのだけど、せっかくなので梅田に寄ることにした。レコード店で音楽関係の本を買おうと思ったのだけど、どれもなく。ハシゴする元気がなかったので、そのまま駅に向かい、改札に向かっていたら、そやそや、改札の手前に書店があった、一応覗いておこう、と思ったら、3冊ともあった。松山晋也『ピエール・バルーとサラヴァの時代』、細馬宏通『二つの「この世界の片隅に」 マンガ、アニメーションの声と動作』、若尾裕『サステナブル・ミュージック これからの持続可能な音楽のあり方』。

 行き帰りは、留守録したラジオそのものを携えて、「夜のピンチヒッター」の聞けてなかったパンク特集とカーネーションの新譜紹介を聞きながら。パンク特集は、40年前の10月に日本盤がそろそろ出だしたので、10月には放送がなく、「夜のレコードマンスリー」で紹介することができないため、「ロックンロールストーブリーグ」と題して、特集することになったそう。わたしについて言えば、この頃は、まだパンクにはピンときてなかった。いま聞くと、当時はポップすぎると思ったモーターズが随所にぐっとくるものがあったりして、状況次第のところはあったかもしれない。ほんとにぐっときたのは、ワイヤーの "PINK FLAG" からです。
 そう言えば、マーク・ボランが亡くなってからも40年なのだけど、マーク・ボランの訃報の翌日だったか、次の登校が月曜日で、朝から体育の授業で、二人で組んで準備体操をしながら「ボランが死んだな」という話をしたことを強烈に覚えているのだけど、ワイヤーの "PINK FLAG" が「ヤングジョッキー」で紹介された翌日も、バスケ部の朝練で、シュートの練習をしながら、「昨日かかってたピンク・フラッグよかった」(渋谷陽一さんがバンド名とアルバムタイトルを間違えて、ピンク・フラッグというバンドの "WIRE" というアルバムとして紹介したのです)という話をした。そういうときのほうが余計な話をしやすかったのだろうか。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2017年9月10日〜2017年9月16日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2017 Kijima is responsible for this page, "mononophone".