「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2017年10月15日】
 先週、元・立誠小学校でのレコード市で見つけたザ・ロスト・ジョッキーのEP "Professor Slack/Rise & Fall/Animal Behaviour & Crude Din"。盤を見ながら、聞いていて、ん?…ん?となった。ラベルでは、
A Professor Slack (Schaun Tozer)
---
B1 Animal Behaviour (Andrew Poppy)
B2 Crude Din (Andrew Poppy)
B3 Rise & Fall (John Barker)
となっている。しかし。聞いてみると、A面にはZTT風のダンスポップ、ミニマリズム曲の2曲。B面は長いミニマリズム曲1曲。A面とB面のラベルを貼り間違えているのか。カバー表の表記 "Professor Slack/Rise & Fall/Animal Behaviour & Crude Din" からすると、"Animal Behaviour" と "Crude Din" を分けているのは誤記だろう。となると、実際には
A1 Animal Behaviour & Crude Din 
A2 Rise & Fall
---
B Professor Slack
となるのか。全編インストゥルメンタルなので、曲と題名のつながりがにわかにはわからない。この12吋は再発盤なのだけど、オリジナルの10吋はDiscogsによると、
A Professor Slack 8:41
---
B1 Rise & Fall 5:14
B2 Animal Behaviour & Crude Din 4:44
となっている。AB面が逆、な上に、2曲面の順番も違うということか。所要時間を計ってみたら、1曲目が4:44、2曲目が5:14なので、確かに、"Animal Behaviour & Crude Din"、"Rise & Fall" の順になっているようだ。しかし。DiscogsのBattersea盤のページには、誤記があるとしながらも、正しくは
A1 Professor Slack
A2 Rise & Fall
---
B Animal Behaviour & Crude Din
としている。A1とBが逆になっている。ち・が・う・だ・ろー(続けて「ちがうだろっ」と短く添えたい)。なんやねんな、もー。
A Professor Slack (Schaun Tozer) 8:41
---
B1 Animal Behaviour & Crude Din (Andrew Poppy) 4:44
B2 Rise & Fall (John Barker) 5:14
とするつもりが、AB面逆になってしまったということなのだと思う。それにしても、10吋のB面の2曲の順を入れ替えたのは何故かという疑問はあるのだけど。

 ザ・ロスト・ジョッキーについては、ジョン・フォックスの "METAMATIC" 等に参加しているジョン・バーカー、ZTTでの活動で知られるアンドリュー・ポピーらが居たグループということくらいしか知らなかったのだけど(12吋にも演奏者の記名なし)、作曲家オーランド・ゴフのウェブサイトにある記事によると、オーランド・ゴフ、ジョン・バーカーの2人を中心に、チャーリー・シーワード、ジェレミー・バーチャルが加わった4人で結成されたらしい。スティーヴ・ライヒやフィリップ・グラスの曲を演奏するグループとして総勢30人が参加したが、その中には作曲をする者も居て、そのオリジナル作品の演奏もするようになった、とある。ゴフのページに記されている参加メンバーは以下のとおり。

Charlie Seaward (flute), Roger Heaton, Jim Rae, Bob McKay, Rory Allam (clarinets), Andy Blake, Martin Ashwell (saxes), Simon Limbrick, Rick Bamford (percussion), Alan Belk, Jeremy Birchall, Mary Weigold, Sue Bickley, Frances Lynch, Elise Lorraine (voices), David Owen, Andrew Poppy, Schaun Tozer, Lucy Wilson, Glyn Perrin, OG (keyboards), Margaret Roseberry, Stephen Jones, Ross Lorraine, Eliet Mackrell (violins), Julia Eisner, Marina Acherson (violas), Tony Elmsley, Ingrid Perrin, Caroline Verney (cellos), John Lunn (bass), John Wesley Barker (flute, saxes, baton)
 アンドリュー・ポピーのウェブサイトにあげられている当時のチラシを見ると、初期のマイケル・ナイマン・バンドのコンサートを企画したりもしていたようだ。
▼ORLANDO GOUGH, COMPOSER > Past Projects > The Lost Jockey
http://www.orlandogough.com/the-lost-jockey

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2017年10月1日〜2017年10月7日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2017 Kijima is responsible for this page, "mononophone".