「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2019年10月14日】
 万障繰り合わせて、ひさしぶりに名古屋に。仕事に出るのと同じ時刻に出て、仕事から帰るのと同じ時刻に戻る、ということで。ひさしぶりなので、その間のテクノロジーの変化(の結果)に戸惑わされつつ。2月に「なかい山」で聞いて、とてもよかった名古屋拠点のバンド、百景借景が16時半開演、19時終演のライヴを、大津光央と屋上ワルツ、冬支度を招いて企画されて、「関西から日帰り可」(と冬支度の安田さんが告知に書かれていたことが頭から離れず)、行ってみたかった「K.D ハポン」に行ける、最終日だけど「あいちトリエンナーレ」もある、となって、台風19号の影響でいろいろ綱渡りになりつつ、一日空けて、行くことにしたのでした。予約は諦めて、当日入れなければ、「あいちトリエンナーレ」に戻ればよいと思っていたのだけど、百景借景/カタリカタリの河合さんが昨日の夜、まだ予約を受け付ける旨をツイートされていたので、22時を過ぎてから、連絡。さ、これで後戻りはできないぞ、と。

 行きは在来線、帰りは新幹線で、帰りの運賃は行きの倍だけど、所要時間は半分になるので、金で時間を買う感ありあり。行き、「新幹線だと、ついサンドウィッチと飲みものを買ってしまうけど、在来線だとそれがないから(自制には)ええよね」などと思っていたら、しっかり乗り換え駅を間違えました。アナウンスの音量がちっちゃいので不安に思っていたら、既に聞き逃したあとだった。ああ。たどり着いた駅から乗り継いで、ロスは15分くらいだけど、またもアナウンスがちっちゃく、途中で車両を切り離すなんて言っていたのがちらっと聞こえたが、どこでかわからない。ゆったり気長な旅とはならず。
 そして、名古屋について、改札で。JR西日本のICカードで乗って、清算可能範囲とあったので、自動精算機で清算しようとしたら、チャージしか画面に選択肢が出ず(どこかで分岐を見落としたのだと思う)、とりあえずチャージしたが、改札から出られない。JR東日本ではJR西日本のICカードでは改札されないのでした。ICカードで入って、遠出するのは初めてだった、そう言えば。在来線で、「同じ」JRだからイケる(使える)だろう、楽だ、なんて思ってました。

 自分のとこに書いておいて、あとから検索できるようにしておかないと記憶が覚束ないと思ったばかりだけど、前々回の「あいちトリエンナーレ」に行ったときのことを検索かけたら、ちょうど自分とこに書く気力を失っていた時期でした。うーむ。地下鉄で「栄」駅に移動して、「愛知芸術文化センター」にまず行って、それから、趣味の知らない街歩きを兼ねて、「名古屋市美術館」に移動して、4時間。できるだけ多くの作品を見るようにして。薦められて、とても見たかった豊田市エリアは往復で2時間かかる上に現地でも待ち時間があるということで断念、整理券や抽選が必要なものもパス、長い映像作品もパスということで、見ておくべきものをたくさん逃しているような気もするけれど、感じ入る作品もたくさんあり、子供連れや若いひとも多く見られた会場は盛況で楽しかった。作品ごとに作家名も書いておいてほしかったけど、説明はていねいだった。作品については、おいおい。

 地下鉄で、「大須観音」駅から「鶴舞」駅に移動。前に、前を通ったことがある「K.D ハポン」へ。百景借景企画「大阪のともだち」ということで、大津光央と屋上ワルツ、冬支度、そして百景借景。大津さんをライヴで聞くのが初めてということもあって。百景借景は、フルートの浅野紘子さんが産休に入られるということで、しばらく活動休止される前のラストライヴ、トリの冬支度は、渡瀬千尋さんとのトリオ編成で。…とここまで書いて、時間切れ。演奏については、おいおい。と書いておいて、なかなか書けず、おいおい(おやおや)となることも多いのですが、行ってよかった、とだけは。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2019年10月6日〜2019年10月12日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2019 Kijima is responsible for this page, "mononophone".