「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2018年6月17日】
 昼から、「国立民族学博物館」での「音楽の祭日2018」に。クラシックギターの杉浦光政さん、ボサノヴァとショーロのBicho Papao、口琴や炊飯釜、ホーメイによる瓜生山オーバートーン・アンサンブル、ジャワガムランのダルマ・ブダヤを聞きました。ダルシマーのPulse氏とスチールパンのパンチアウト・スチール・オーケストラは少しだけ(聞けた部分では、ポピュラリティのあるレパートリーを演奏していた)。雅楽青葉会も気になったけれど、重なっていたので聞けず。催しそのものは午前中からやっていて、タイ、インドネシア、ネパールなどの音楽もあったようです。
 瓜生山オーバートーン・アンサンブルは、ドローンのような倍音にホーメイや口琴が流れ込む即興演奏で、面白かった。ところどころハッとさせられるところもあり。ダルマ・ブダヤは、結婚式でよく演奏されるという曲を舞踏とともに。最初の曲の声がとても良かった。「かじゃでぃ風節」(改めて見てみると、件の番組では、アナウンサーが「かぎやでふ」と発音していた)と響き合うものを感じた。

 戻ってきて、コンビニで、5月末発売だったのにやっと届いたワイヤーの…デビュー40周年企画?であるEMI期の3枚の特別版(Special Edition)を引き取り。7インチサイズのパッケージは予想外だった。"PINK FLAG" は2枚組、"CHAIRS MISSING" と "154" は3枚組で、バイオグラフィと各曲の歌詞、詳細、コメントを掲載したハードカバー本仕様です。音のほうは、これまで発掘されていなかったデモやリハーサルテイクを多く収録して、お蔵出しといったかんじになっている。ワイヤーも…なんというか聴取生活に転機をもたらしたバンドのひとつなので、お返しのような気持ちもあるのだけど、それだけでなく、聞けば、やはり、「聞いて」しまう。

 3枚とも、1枚目はオリジナル盤、"PINK FLAG" を除いて、2枚目がシングル集、残り("PINK FLAG" は2枚目)がデモやリハーサルを収録したものになっている。ライヴ録音、BBCセッションは含まれていない。EMIとの契約以前のデモも未収録。
 デモ録音を集めた "BEHIND THE CURTAIN" が発売されたとき、録音時期に誤記の疑いがあった(それを真に受けて、日本盤にボーナストラックとして追加した盤が出た)ので、録音時期を推測で訂正する目的で作ったのが、ミニコミ「ヘボン式」3号(1995年11月)で、Webページを始めたときに、増補改訂版として作ったのが「ワイヤーの発掘音源」(2002年2月)です。取り急ぎ、気になっていたところを答え合わせ。16年目(または23年目)の。

1. デモセッション時期は推測どおり
2. 新たに発掘されたデモ曲は、エデン氏の評伝にあったとおり
3. "Chairs Missing" という曲は、消去法どおり、"Used To" 原曲(まさかのシャッフルリズムで始まる)
4. "Finisaire" は "Marooned" ではなく、"Mercy" の原曲
評伝を書いたケヴィン・S・エデン氏は、"Finisaire" を "Mercy" の原曲だと書いているのだけど、"BEHIND THE CURTAIN" に入っているそれは "Marooned" だったので、エデン氏の誤記と断じたのだが、つまり、"BEHIND THE CURTAIN" の表記が誤っていた、もしくは、"Finistaire" を収録するつもりで間違えて "Marooned" を入れてしまっていた、のでした。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2018年6月10日〜2018年6月16日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2018 Kijima is responsible for this page, "mononophone".