「ヘボン式」表紙へ
見たり聞いたりためしたり。
揺滾(ぐりぐら)音楽その他アリマス。
(作成者 きじま)
http://mononophone.d.dooo.jp/


【2000.01.30.設置/不定期更新】

| bibbly o tek | cd programming guide | once more please ! | links | last week |


 
contents *guideココ
エピック・サウンドトラックスの録音 【2006.05.20.改】
イーノの映画音楽 【2006.01.09.改】
ロバート・ワイアットよもやま話 【2005.12.04.改】
やぎのレコード 【2005.12.04.改】
初期のスクリッティ・ポリッティ 【2005.01.09.改】
●ケイト&アンナ・マクギャリグルのレコード 【2004.09.18.】
オクノ修のレコード 【2003.09.21.改】
80年代までのスティーヴ・ヒレッジ 【2003.07.11.改】
●トッド・ラングレンの発掘音源整理 【2003.05.30.】
●ブライアン・イーノ "King's Lead Hat" の別バージョン 【2003.04.23.】
ミンカパノピカと北摂テクノポップ 【2002.08.03.改】
デヴィッド・ボウイのボーナストラック供養 【2002.07.17.改】
まだ知らない人・新谷キヨシを聴く 【2002.07.05.改】
ビジリバ&ふちがみとふなとのレコード 【2002.07.03.改】
RIKAのレコード 【2002.04.19.改】
ビクトル・ハラ年譜(ディスコグラフィ試作版付) 【2002.02.20.改】
ワイヤーの発掘音源 【2002.02.15.】
ボサ・ボサ&谷理佐のレコード 【2002.03.29.改】
ようこそタイムマシーンへ/1967年・イギリス編 【2001.08.21.】
「サーカス・デイズ」ガイド 【2002.11.01.改】
路地裏用のスウェル・マップス 【2002.01.09.改】
「3ちゃんロック」総目次 【2001.01.05.改】
中尾幸世のテレビ/ラジオ出演作品リスト 【2001.10.23.改】
ビッグ・ボーイ・ピートの更新履歴 【2000.07.09.】
ヤング・マーブル・ジャイアンツの小さな歴史 【2001.05.02.改】
トゥインク「一万語」問題顛末記 【2000.03.16.】
エレンコ・レーベルのカタログ 【2000.02.22.】
ジョニ・ミッチェル詩集の索引 【2000.01.30.】
upcoming  
●「アリスのレストラン」のおしながき
●ヴィンス・ガラルディのピーナッツ音楽
●白旗聞者のカセットテープ
bibbly o tek   
音楽記事備忘録 (付録/Webページリンク) 【ひそかに増量】
カバー古今拾遺集(オリジナルアーティスト別) 【ひそかに増量】
CD Programming Guide For "Original" Lovers  
●オリジナル盤もどき調理法 
【第14回】 3つの『ナゲッツ』 【2003.09.27.改】
【第13回】 バイザンチウム 2002.03.17.
【第12回】 ニール・イネス (その2) 2002.01.30.改
【第11回】 後期マンフレッド・マン 【2002.01.14.改】
【第10回】 レフト・バンク 【2002.05.01.改】
【第9回】 準備中
【第8回】 ジョアン・ジルベルト 最初の3枚 【2001.08.04.】
【第7回】 後期スペンサー・デイヴィス・グループ 【2001.03.07.】
【第6回】 ニール・イネス 【2001.02.07.】
【第5回】 スパークス 【2001.02.04.改】
【第4回】 ミレニアム 【2000.10.26.】
【第3回】 スワンダイヴ 【2000.06.12.】
【第2回】 アンソニー・ムーア 【2000.05.18.】
【第1回】 タイムボックス 【2000.05.11.】
once more please !  
●ラブジョイ/バブーシュカバーバヤーガ私設ファンページ
モノノフォン分室 もののほん  
●鈴木翁二短編の収録先 【2002.09.17.】
Links  
おすすめサイト (少ないです)
 バンド紹介/応援サイトは、備忘録にあります。
【▼ぐりぐらメモ/2020年8月2日】
 ジョー・ボイド "WHITE BICYCLES: Making Music in the 1960s" 再読。ボイドは、サンディ・デニーの才能に注目し、彼女が弾き語りではなく、バンドで歌うことを望んでいることから、同じくリチャード・トンプソンの才能に注目していたフェアポート・コンベンションとの組み合わせを考える。しかし、フェアポートには、リチャードのガールフレンドだったジュディ・ダイブルが居た。ボイドには、ジュディのヴォーカルは頼りなかった(そのため、イアン・マシューズを参加させたとも)。またボイドによれば、彼女自身が辞めたがっており、バンドにそのように働きかけていて、その関係はいいものではなかった、という。当然のことながら、ジュディさんはこのことに反論している。当時、ボイドはそのように感じていたことも表に出していなかったとジュディさんは記している。ジュディさんに直接話をしたのは、リーダーであるアシュレイ・ハッチングスだったようだ。
 ジュディとリチャードが別れたとき、ボイドは、それを機会と見て、バンドにサンディ参加を提案する。豪放なサンディにとって、おとなしいミドルクラスの青年たちは物足りないのではないかという懸念もあったそうだけど、結果として、うまくいくことになる。

 ジョー・ボイドにとっては、サンディ・デニーやフェアポート・コンベンションとの出会いは、ピンク・フロイドを中心とする「UFOクラブ」時代の終わりと入れ替わりに起きている。最初に買ったピンク・フロイドのアルバムは、初期作品集の "RELICS" なのだけど、目当てのひとつであった "Arnold Layne" のプロデューサーとして、ジョー・ボイドの名を知った。当時は、事情を知らなかったので、何故デビューシングルだけ、プロデューサーが違うのか不思議に思っていた。 

 "WHITE BICYCLES" には、連動企画として、CDも出ていて、持っているのだけど、ちょっとすぐには出てこないので、手抜きで定額制配信を探した。見あたらなかったのだけど、トゥモロウの "My White Bicycle" が入っているオムニバスがたくさん出てきた。気まぐれにその中のひとつを聞いていたら、サイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンドが、マンフレッド・マンの "Day Time, Night Time" をやっているのが入っていた。彼らについては、"Kites" がピンと来なかったので、ちゃんと聞いたことがなかったのだけど、ちょっと興味が出てきて、アルバムに、シングル曲などを加えた集大成盤 "PART OF MY PAST" が定額制配信にあったので聞いてみた。やはり、なんというか、企画次第のようなかんじがした。

 ただ、この副産物で、発見が二つ。ひとつは、彼らが The Moles の変名で出したシングル "We Are The Moles" のPart 2。ずっと、ポップサイケの各種オムニバスで聞いていたPart 1は確かにサイケデリックなかんじで、当時「実はビートルズなのではと噂された」という話もまぁ肯けないこともないのだけど、B面のPart 2はムーディーなコーラスをメインにしたポップスだった。これを聞いて、ビートルズではと思うひとはいないような気がする。「実はビートルズ」詐欺というか、そういう宣伝手段だった可能性もある、と疑っている。

 もうひとつは、"Kites" を越路吹雪がカバーしているという話を以前聞いたことがあり、中古盤店でチェックするポイントのひとつにしていたのだけど、思い出して、定額制配信で検索したら、あっさり見つかった。『世界の恋人たち Vol.1 南ヨーロッパ編』に、「凧」の邦題で収録されている。越路吹雪には興味を持っているのだけど、同じような曲目の編集盤が多く、何というタイトルのアルバムに入っているのかも知らなかった。できればオリジナル盤で聞きたくて、ディスコグラフィが載っている本も探しているのだけど、思い出話がほとんどで、いまだに見つけられないでいる。
 "Kites" がピンとこなかったのは、もともと、「歌謡曲」っぽかったからだけど、越路吹雪によるドラマティックな歌唱だと、しっくりくる。サイケデリックとは感じなかっただけで、歌謡曲、ポップスの文脈だとそのように聞ける。でも、もっと驚くことが、このあとに待っていた。曲目を見ると、「凧」の次のアルバム最終曲は「サンキュー・ベリマッチ」と題されている。もしや、これは…と思いながら、「凧」を聞き終えて始まったのは…やっぱり、スキャフォールドの "Thank U Very Much" だった。知らなかった。越路吹雪がスキャフォールドのカバーをやっていたなんて。それも、とてもナンセンスな日本語詞が付いている。岩谷時子さんのものだろうか。そうしたことがさっぱりわからないのが困るところ。で、なんでよりによって、アルバムの最後に収められているのだろうと思っていたら、「サンキュ ベリマッチ ありがとう あたしのレコードお聞きくださり サンキュ ベリマッチ これでおしまい」。そして、大団円の「サンキュー ベリー ベリー ペーリー…マッチ(ぼそっ)」で締めた。やられた。改めて、盤が欲しくなった。それにしても、このアルバムが復刻されているのは何故だろう。

 クリアファイルを買って、ようやく今年に入ってからのチラシ類の整理を始めた。行われなかったライヴのことを思い出しながら。

 きのう、辞めた元同僚のひとたちのことを書いていたのに、書き忘れていた。若い頃、この仕事を始めた頃に一緒に仕事をしていたFさんが定年退職で、7月31日が最終出社日だった。場所が離れていたし、メールが届いたときには、既にPCが落とされていたようなので、返事は出せなかったけど。学生時代はアニメーションを作っていて、そのビデオを見せてもらったこともあった。当時は別の会社だったのだけど、当時はクライアントと一緒に複数の会社から来たひとが机を並べていた。その事務所があった建物も、去年の冬に取り壊された。そのとき一緒に仕事をしていたひとたちが今の会社にばらばらに集結した形になって、最後にわたしが残ってしまった。

***先週のぐりぐらメモ 再放送(2020年7月26日〜2020年8月1日)***

7【勝手に広告】
桂 牧 『牧』

2004年10月10日発売
ジギタリス DIGIT-1
(発売・配給オフノート/メタカンパニー)
税抜価格 2800円
税込価格 2940円

 
収録曲(全11曲)=足る地ょ/幽体離脱入門/マンデル風呂(instrumental)/裏庭/砂男/雲海 (instrumental)/突然炎のごとく/触れるものみな水となる(instrumental)/バランス/雨上がり、昼下がり(instrumental)/心の店

桂牧 ジギタリスレコード
http://www16.ocn.ne.jp/~maki84/

▼東京・千駄木「古書ほうろう」日々録での紹介
http://www.yanesen.net/diary/horo/2004/08/01/
 

[担当者きじまへのメール]
[プロフィール]
[好きな歌年代記]

2020 Kijima is responsible for this page, "mononophone".